旬の野菜や魚・果物の栄養価や保存方法

 

 

・うに
美味しさの中に含まれる栄養がすごいのです!
ビタミンB1やB2など、ビタミンが豊富で消化吸収が良いので、栄養補給にぴったり!体力が衰えてきたと思ったらうにを食べて元気になりましょう!
妊婦さんに必須のようさんが豊富なうに。赤ちゃんの神経や脳を生成するための貴重な栄養素の一つなので、妊娠中の女性にとっては重要な栄養素です。
ウニには葉酸が、ほうれん草の約3倍、アスパラガスの2倍以上も含まれています。

 

 

・サバ
不飽和脂肪酸と呼ばれるEPAやDHAを豊富に含んでいる鯖を食べて、血液サラサラで若々しい体を作りましょう!
あんな症状、こんな症状も改善!鯖のすごい栄養素。
鯖には、高血圧、認知症、眼精疲労、肝臓を綺麗に、ダイエット、イライラの解消などなどう、体に嬉しいことがいっぱいです!
旬の美味しい鯖を食べて健康になりましょう。

 

 

 

・鮭
鮭の意外と知られていない秘められた効果
鮭はスーパーフードと呼ばれるほど、栄養価の高い魚です。特に良質なタンパク質、DHAとも呼ばれるドコサヘキサエン酸やEPAとも呼ばれるエイコサペンタエン酸などの不飽和脂肪酸、ビタミンB群、ビタミンD、ビタミンEなどの様々な栄養素が含まれています。が鮭には、「アンセリン」という物質が豊富に含まれています。アンセリンは、筋肉に溜まった乳酸をエネルギーに変える働きがあるそうで、疲労を軽減させることができます。また、痛風の改善にも有効な栄養素で、血中の尿酸値を低下させてくれる働きがあるそうです。痛風になる心配がある方や痛風を患っている方は、アンセリンを含む鮭を積極的に食べましょう

 

・さんま
中高年の方にもおすすめ!サンマの抗老化栄養素で若々しさを保ちましょう!
中高年の方に嬉しい血液をサラサラにする効果のあるEPA。今注目されている「人は血管とともに老いる」というキーワード。血管の若さが体の若さにつながるのです。
若々しさを保ちたい方にはぜひおすすめです。