旬の野菜や魚・果物の栄養価や保存方法

ビタミンについてみなさんご存知でしょうか?


【ビタミンとは?】

「ビタミン」といえば「ビタミンC」が一番に思いつくのではないでしょうか?
そして、「ビタミンC=レモン」といった連想ができると思いますが、それ以外のビタミンについて
は詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?


そこで今回は、「ビタミンの種類」「ビタミンの特徴」「ビタミンの働き」などをまとめ
てみました。


そもそもビタミンとは、三大栄養素である脂肪、糖質、たんぱく質などとともに人間が生きていくうえで必要不可欠な栄養素の一つなのです。体の中でビタミンは三大栄養素の代謝を助ける働きをしています。
「人が健全に成長し、健康を維持するために働くもの」つまり、
体のはたらきを手助けし、その調子を整えてくれる栄養素』です。


ビタミンの必要な量は少ないですが、体の中でほとんど作られることがないので、こまめに食べ物から摂らなければなりません。


【ビタミンの種類、全13種類】

ビタミンは全部で13種類あり、水溶性ビタミン脂溶性ビタミンのふたつに分かれます。


(各ビタミンの名前をクリックしていただくと詳しく解説しているページへジャンプしていただけます)
水溶性ビタミン


脂溶性ビタミン



【ビタミンの特徴】

ビタミンには、水に溶けやすい「水溶性ビタミン」と油に溶けやすい「脂溶性ビタミン
があり、それぞれの性質から体への取り込まれ方や代謝に特徴があります。


水溶性ビタミンの特徴

水溶性ビタミンは「水に溶けやすい」「熱に弱い」「過剰症の心配は少ない」などが言えます。
水溶性ビタミンは尿や汗などによって体の外へ排泄されやすいので、こまめに摂取するようにしましょう


脂溶性ビタミンの特徴

脂溶性ビタミンは「油に溶けやすい」「熱にも比較的強い」「過剰症を引き起こすことがある」などが言えます。
脂溶性ビタミンは体の中に溜まりやすいので摂りすぎには注意しましょう。


それぞれをまとめると
水溶性ビタミンは少ない量をこまめに摂ること
脂溶性ビタミンは油といっしょにとると吸収率がよくなること
がポイントとなります。



【ビタミンの働き、体への作用】

ビタミンの働きは、そのビタミンによって様々ですが、ここでは簡単にまとめています。


(各ビタミンの働きや体への作用を詳しく調べる場合は、各ビタミンの名前をクリックしていただくと詳しく解説しているページへジャンプしていただけます。)


ビタミンC…「お肌に良い!」などとイメージされやすい代表的なビタミン。ビタミンCが入った飲み物もたくさんあります。
酸化を防いだり、コラーゲンの合成をし、体の老化を防ぎます。また、メラニンの色素沈着も防ぎます。


ビタミンB1…糖などを分解してエネルギーを作るときに必要なビタミン。
中枢神経・末梢神経のはたらきを正常に保ち、食欲を増進させます。


ビタミンB2…健康な皮膚や髪や爪などの細胞の再生に関わっているビタミンで脂質や糖の代謝に関わるビタミン。
体の酸化を防ぎ老化を防止します。


ビタミンB6…皮膚や粘膜の健康維持に欠かせないビタミンでアミノ基の代謝に関わりま
す。


ビタミンB12…タンパク質の代謝に重要な働きをしたり、成熟した赤血球をつくるのに必要なビタミン。


ナイアシン…循環器、消化器、神経などの多くの器官の働きを助けるビタミン。


パントテン酸…エネルギーの代謝を助ける働きがあるビタミン。


ビオチン…皮膚炎を起こす原因となるヒスタミンを抑さえたり、皮膚や粘膜の健康維持、爪や髪の主成分であるケラチンの合成に必要なビタミン。


葉酸…妊娠中には特に欠かせないビタミンと言えるでしょう。サプリメントなど沢山あります。
細胞分裂やDNAの合成などに必要なビタミン。


ビタミンA…目の機能を正常に保つ働きや皮膚や粘膜を健康に保つために欠かせないビタミン。抗ガン作用もある。


ビタミンD…骨の形成に関わるビタミンで、カルシウムとリンが骨に沈着、小腸でのカルシウムの吸収、腎臓でのカルシウムの再吸収を促してくれるビタミン。


ビタミンE…抗酸化作用(ビタミンEに関しては過剰症の心配は少ない)があるビタミン。


ビタミンK…血液を固まらせるのを手助けしてくれるビタミン。


ビタミンとは?種類や特徴・効能・働きなどビタミンについて知ろう!記事一覧

ビタミンAを多く含む食べ物は?過剰摂取や欠乏症にも注意を!

ビタミンAは、油に溶けやすい脂溶性のビタミンで、一般に動物性食品に多く含まれるレチノールのことを言います。ビタミンAは「皮膚や粘膜の正常保持」、「目の健康維持」、「免疫力を守る」などの効果が期待され、不足すると「皮膚や粘膜の乾燥」「夜盲症」「成長障害」などを引き起こす恐れがあります 。ですが、ビタミ...

≫続きを読む

ビタミンCを多く含む食べ物は?体にはどんな良い効果があるの?

ビタミンは、水溶性(水に溶けやすい)と脂溶性(油に溶けやすい)の2種類があります。ビタミンCは水溶性のビタミンなので過剰に摂っても、汗や尿と一緒に体外に排泄されるため過剰症の心配はほとんどありませんが、体内に溜めておいたり作り出したりすることができないため、食事などで毎日摂取する必要があります。ビタ...

≫続きを読む

子供の成長に欠かせないビタミンDの効能や多く含まれる食べ物は?

ビタミンDは、油に溶けやすい脂溶性のビタミンで、食事から摂る方法と太陽の光を浴びることで体内で作り出す方法があります。ビタミンDにはD2、D3、D4、D5、D6、D7の6種類があります。その中で私たち人間にとって重要なビタミンDはD2とD3です。ビタミンD2が植物性食品(きのこ類、海藻類)、ビタミン...

≫続きを読む

女性必見!若返り効果があるビタミンEを多く含む食べ物は?

ビタミンEは、油に溶けやすい脂溶性のビタミンで、強い抗酸化作用を持っているのが特徴です。(※抗酸化作用とは…酸素は体内で酸化力の強い『活性酸素』に変わり、この活性酸素が増えると血管や細胞を傷つけ体の内側をサビさせ、動脈硬化などの生活習慣病を招きます。活性酸素から私達の体を守る作用)この抗酸化作用によ...

≫続きを読む

骨を丈夫に!骨粗しょう症にはビタミンK!ビタミンKの多い食べ物は?

ビタミンKは油に溶けやすい脂溶性ビタミンの一種で、一般的にビタミンKとは、フィロキノン、メナキノン-4、メナキノン-7の総称のことを指します。天然のビタミンKは植物でつくられるビタミンK1(フィロキノン)と、動物性食品に含まれるメナキノン-4、納豆に多く含まれ生産されるものをメナキノン-7といい、メ...

≫続きを読む

ビタミンB1

【ビタミンB1とは?】 ビタミンB1は、水溶性のビタミンB群の一種(チアミンとも呼ばれる)で、「疲労回復のビタミン」とも呼ばれています。炭水化物 (糖質)の代謝を促すため、白米を主食にしエネルギーを糖質から多く摂っている日本人にとっては特に重要な栄養素です。(糖質をエネルギーに変えるときに使われるビ...

≫続きを読む

ビタミンB2

【ビタミンB2とは?】 ビタミンB2は、水溶性ビタミンB群の一種で、リボフラビンとも呼ばれています。水溶性ですが、水には溶けにくく、酸や熱には比較的安定しています。光に対しては分解されやすい性質を持ちます。そのため、保存するときは冷暗所に置くとビタミンB2を逃しにくくなります。 ビタミンB2は脂肪を...

≫続きを読む

ビタミンB6

 ビタミンB6は水溶性ビタミンB群の一種で、ピリドキシンとも呼ばれます。ビタミンB6は体内でたんぱく質を構成しているアミノ酸からエネルギーを作り出すために必要な(約100種類の)酵素の働きを助ける補酵素 としての役割をしています。その働きのおかげで、私達の皮膚や粘膜は健康を維持できます。特に脳、肝臓...

≫続きを読む

ビタミンB12

【ビタミンB12とは?】 ビタミンB12は水溶性ビタミン(ビタミンB群のひとつ)。ミネラルの一種であるコバルトを含むビタミンの総称であり、「コバラミン」と呼ばれたり、赤血球をつくるときに働くので「造血のビタミン」と呼ぶこともあります。 ビタミンB群は、炭水化物や脂肪、タンパク質の代謝のために働いてい...

≫続きを読む

葉酸

葉酸とは、ビタミンB群の一種で水溶性のビタミンです。細胞分裂やDNAの合成などに必要とされ、ビタミン6やビタミン12と一緒に動脈硬化を起こす原因でもあるホモシステインを減らしたり、ビタミンB12と共に赤血球を作ったりと私達の体にとって大切な栄養素です。(特に急激に成長していく胎児や妊娠時には必要不可...

≫続きを読む

パントテン酸

【パンテトン酸とは?】 パンテトン酸はビタミンB群の1つで水溶性ビタミンです。「ビタミンB5」とも呼ばれ、動植物食品に幅広く含まれています。 パントテン酸は、エネルギーの代謝を助ける働きや、抗ストレス効果、動脈硬化を予防する効果があり、全身の細胞で健康維持のために働く大切な栄養素です。腸内細菌の働き...

≫続きを読む

ビオチン

【ビオチンとは?】 ビオチンとは、ビタミンB群の一種で、別名「ビタミンB7、ビタミンH、コエンザイムR」と呼ばれ、水溶性ビタミンの一種です。 腸内細菌によって生成され、「 皮膚炎を起こす原因となるヒスタミンを抑制、皮膚や粘膜の健康維持、爪や髪の主成分であるケラチンの合成に必要なコラーゲンの生成も促進...

≫続きを読む

スポンサード リンク