食材の旬の時期や栄養価・保存方法

イクラの旬はいつ?


いくらの旬の時期は9月から11月の秋の期間です。
この時期はいくらの親である鮭の旬でもあります。


ただ旬の時期はあくまでも目安であり実際問題いくらとしての旬はその年毎の水温や気温等の環境によって変わってきます。

あくまでもいくらは鮭の卵なのでプチプチとした食感が程よい時期はあくまでも机上の空論ですが10月くらいだと思われます。
早すぎると粒が小さすぎたり未完成の状態となり遅すぎると卵が固くなってしまい本来の旬の味とは異なってしまいます。



いくらの主な産地は?

北海道の全域です。
時期がずれてくると岩手県などの三陸沖でも水揚げされますが、最も旬な時期の産地は北海道です。


美味しいいくらを選ぶ目利きポイント

いくらというとオレンジ色の印象がありますが、新鮮ないくらはどちらかというと白っぽいオレンジに見えます


鮮度が落ちていく毎に赤黒く変色していく為、オレンジが徐々に強調されて見え最終的には黒っぽく劣化していきます。


粒が大きいものが歯ごたえがあって良いのでは?と思ってしまいがちですが、いくらは小粒の物の方が味わいが良いです。


大きいものは皮が厚くなっており、卵が大きくなる為に蓄えていた栄養分を使用してしまっているので味が薄くなりがちです。


輝いて見えるものが鮮度が良く、あまり触ってはいけませんが弾力があることも目利きのポイントです。



イクラの上手な冷蔵保存方法

いくらは劣化しやすい食材です。
何の加工もせず冷蔵庫に入れてしまうとその日の内に食べれなくなってしまうことになります。


基本的に醤油漬けにしておきましょう。


又、乾燥し易く表面の皮のプルンとした食感が崩れてしまいやすいので、ラップ及びジッパー付き保存袋に入れてから冷蔵しましょう。


イクラの上手な冷凍保存方法

なかなか一般家庭ではいくらを冷凍保存するには難しいと言えます。
なぜなら私たちがスーパーでよく見かけるイクラは事前に冷凍されたものだからです。


イクラは水分の固まりなので何度も冷凍と解凍を繰り返すと食感は元より冷気により味が大きく変わってしまいます。
冷凍保存を行うのであれば釣ったばかりの鮭からいくらを捌く場合や漁業市場から水揚げされてきたばかりのいくらが適しています。
あくまでも鮮度はその場で食べるのが一番ですが。


保存方法は冷蔵とは異なり必ず味付けを行う必要がありません。
味付けの有無は問わず、冷蔵保存の手順と同様にラップ及びジッパー付き保存袋にて厳重に表面及び冷気による臭い及び表面の乾燥を軽減しましょう。


注意点としてイクラは水分が多いので解凍時に粒が破裂してしまうこともあります。


冷蔵冷凍賞味期限

冷蔵の場合、醤油漬けにしなかった場合の賞味期限は当日中です。


醤油漬けを行った場合の目安は3日前後となります。


味付けによって違いますがお酒を混ぜて漬けているものであれば5日から7日前後は大丈夫です。


暑い時期を考えると冷蔵保存であったとしても食中毒の原因ともなるので出来る限り漬けた次の日には食べましょう。


冷凍保存の目安としては、1か月程度です。
上記でも同じことを言っていますが、期間が長くなればいくらの内部の水分が蒸発してしまったり冷気によって臭いがついてしまい味が変わってしまうので、短い期間で食べることをおすすめします。




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック