食材の旬の時期や栄養価・保存方法

メバルの旬の時期はいつでしょうか?


日本各地で釣れるので、釣りをする方に馴染みのあるお魚です。
黒メバル、赤メバル、白メバルなどがあるのですが、総称してメバルと呼ばれているようです。
これらのメバルの中で沖合にいるメバルのことを、ウスメバルと呼ばれているそうで、特に美味しいとされています。


メバルの旬は、2月から5月初旬くらいの春とされています。
メバルを漢字で書くと、目春と書きます。
ただ、産地によって旬が異なります。



メバルの主な産地

めばるはカサゴの仲間の魚です。
日本全国沖縄を除いてほとんどの地域で生息しているメジャーな魚です。


めばるにも種類がいろいろあります。
浅瀬にいるあかめばる、くろめばる、しろめばるです。沖で捕れるめばるは、うるめばると、とごっとめばるです。


メバルは、市場での流通が少ない魚で高級魚で、黒メバルは高級料亭などで、一般家庭で見られるのは、ウスメバルです。ただウスメバルも決して大衆魚とは言えない高級魚です。


あえて産地を挙げるとするなら、赤メバルは、千葉県です。
黒メバルは、神奈川県、千葉県などです。
水揚げ量では、青森県、北海道、新潟県が上位3県です。



メバルの上手な冷蔵保存方法は?(賞味期限:2日くらい)

 

1.買ってきたメバルは、流水できれいに洗います。

買ってきたメバルの場合、血抜きをしているものが多いのですが、血の塊が残っている場合があります。
口を開いたりしてみて確認してください。
注意点は、エラ蓋のトゲに注意してください。


2.鱗をしっかり取ります。

小さい鱗ですが、びっしりとうろこがありますので、丁寧にとってください。


3.ボウルにキッチンペーパーを敷いて、メバルをその上に立てかけます

下に落ちた水分を取るためキッチンペーパーを敷きます。


4.ボウルにラップをします。

乾燥を防ぐためです。


5.ボウルを野菜室に入れて保存します。

冷蔵室だと温度が低すぎて身が硬くなりすぎるためです。


《一夜干しのメバルを保存する場合》
(賞味期限:3?5日)
ラップに一枚ずつ包んで保存します。



メバルの上手な冷凍保存方法は?

(賞味期限:3ヶ月?5ヶ月)※鮮度によって異なるので早めに食べきった方が無難です。


《一匹丸ごとの場合》

1.腹の部分を裂いて、内臓、えら、うろこを取り除きます。

2.流水できれいに洗います。

3.水気をしっかり拭き取ります。

4.ラップに一匹づつ包んで冷凍保存します。


《柵にした状態の場合》
柵にした状態で冷凍するときには、一柵ごとにラップして冷凍します。


《一夜干しの場合》
(賞味期限:1ヶ月くらい)


一夜干ししたメバルを一枚づつラップにつつんで、フリーザーバックに入れて冷凍します。
空気をしっかり抜きましょう。



その他の保存方法

一夜干しにして保存すると一味違う味で楽しむことができます。


作り方

1.えら、内臓、鱗を丁寧に取り除きます。

2.30?40分ほど塩水に漬けます。

塩分濃度はお好みですが、5?7%位がオススメです。

3.干し網に入れて一晩干します。

または、ラップをせずに冷蔵庫で寝かすのもオススメです。
冷蔵庫は乾燥しているので、いい具合に乾きます。


メバルを上手に保存しておいしく食べて下さいね。




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック

 

 

 


スポンサード リンク