食材の旬の時期や栄養価・保存方法

ロブスターってどんなエビ?


ロブスターは、エビ目ザリガニ下目アカザエビ科(ネフロプス科)ロブスター属に分類、甲殻類2種を指します。


伊勢海老は似ていますが、エビ目イセエビ下目イセエビ科に属するエビの一種で、分類上は違うものです。


違いは、ハサミの有無です。
伊勢海老には、ハサミがありません。
また、体のブツブツがあるのが伊勢海老、つるっとしているのがロブスターです。


ロブスターは英語名です。
フランス語で、オマールと言いハンマーの意味があります。
前脚の一対が大きなハサミになっているのが特長です。



ロブスターの旬はいつでしょうか?

ロブスターの旬は、産地によって異なります。
アメリカ、カナダ東海岸のロブスターは、4月後半から6月12月〜1月の年2回あります。


ロブスターの主な産地はどこでしょうか?


ロブスターの産地は、カナダ、アメリカ大西洋岸、ヨーロッパ大西洋岸、地中海西部などです。
生のロブスター、ボイル、冷凍が出回ります。


日本に輸入されるロブスターはほとんどがカナダ産です。
ヨーロッパ産のものは日本では大変高価になります。
ロブスターの最高峰は、体の色は青みが強くて、かおり、味も大変良くいフランスブルターニュ産、ノルマンディー地方産が有名です。


美味しいロブスターを選ぶ、目利きポイント

1.重さ

ずっしりと重いものを選びましょう!肉がしっかりと詰まっていて美味しいです。


2.ハサミや足が揃っている

ハサミや足が傷ついていたり、取れているものよりもハサミや足が揃っているものを選びましょう。


3.濃い色

色の濃い色を選びましょう。


4.ハサミ

ハサミがぐったりしていいるものは鮮度が落ちてきています。
すぐに調理をしましょう。



ロブスターを保存するためには

ロブスターはまず下処理をして美味しくいただきましょう!
ロブスターの下処理は、どんな風に料理するのかで多少違います。


例えば、活けの状態のまま身を取り出す方法や、茹でたり蒸したりした後に身を取り出す方法。
活けロブスターのさばき方を簡単に記載します。


1.爪を切り落として、殻を取り除きます。

生きているロブスターに挟まれないように、爪には爪バンドがしてある場合が多いです。
念のためにはじめに関節のところをから切り落とします。


殻が硬いので、身を潰さない程度に全体的に肉たたきで叩きます。
爪の間から身の真ん中くらいの骨を爪楊枝などで殻を外します。


2.胴体と体を切り離します。

胴体と頭の間に、胴体側から包丁を入れます。
一周包丁を回し入れ、引っ張ると綺麗に離れます。


3.頭を半分に切り落とします。

頭の部分は裏返しにしてから出刃包丁などで縦半分に切ります。殻が硬いので注意して切ってください。


4.足を外します。

足も切り離します。


5.胴体のみを殻から身を取り外します。

硬いからと柔らかい間に両サイドに切り込みを入れます。
柔らかい殻をめくってから、頭に近いほうの身を丁寧に取り外します。
これで完成です。


この下処理をした状態で冷蔵保存も可能です。


上手な冷蔵保存方法(賞味期限:到着後1日〜2日程度)

美味しく食べるために、買って来たロブスターはできるだけ早く召し上がる方がおいしいです。
ロブスターは、適切に梱包されていても、輸送中のストレスで弱っていたり、死んでいたりすることもあります。
届いたら、まずはロブスターを触ってみて確認をしてください。
尾っぽとハサミを触っても反応がない場合は、すぐに調理したほうが無難です。


活きロブスター1尾の場合
乾燥を防ぐために、たっぷり水で湿らした新聞紙などでおおい、桶などに入れて冷蔵庫で保存しします。
水を入れる場合は塩水がおすすめです。


ロブスターの保存に適した温度は、3〜5度です。
湿った環境にすることがポイントです。
※活きロブスターは、氷の上に直接置いたり、真水に浸したりして保存しないでください。)


加熱調理済みロブスターの場合
ラップで包んで肉汁を逃がさないようにします。
背中を下にして冷蔵庫で保存します。


上手な冷凍保存《生のまま冷凍する場合(賞味期限:1ヶ月)》

冷凍する場合は、生のまま冷凍する方が美味しくいただけます。
ロブスターが動いて作業しずらい時には、真水に入れると動かなくなります。
ラップなどでくるんでそのまま冷凍庫で保存します。


《加熱調理してから冷凍する場合 (賞味期限:2週間程度が美味しくいただます)》

すぐに食べれない場合は冷凍保存します。その場合は火を通してから
フリーザーパックなどに入れて、空気を抜きます。
粗熱をとって、冷凍庫で急速冷凍します。




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック


スポンサード リンク