食材の旬の時期や栄養価・保存方法


ブリの上手な冷蔵方法(賞味期限:2日〜1週間)

ブリを買ってきたら、まずはすぐにブリについている水気を取ります。
表面の水気には、雑菌がついていて繁殖したり、臭みの原因になります。
これは、ブリに限らず他の魚も同様です。


すぐに食べない時には、味を付けて保存しておくと、美味しくなり、日持ちもします。
下味をつけると味を漬けない時に比べて長く保存ができるように思います。


下味を漬けない時には、空気に触れないように一切れづつラップに包みます。
フリーザーパックに入れて冷蔵保存します。



ブリの上手な冷凍方法(賞味期限:2〜3週間)


※生で食べる漬けは、一週間ほどで食べきってください。
準備するもの
キッチンペーパー
フリーザーパック
トレイ


下味をつけれる調味料
照り焼きの場合:醤油:みりん:酒:砂糖=3:3:3:2
塩麹漬けの場合:塩麹:ハチミツ:味噌:みりん=3:3:1:1
漬けの場合=醤油:みりん:小坂:2;1:1


1.ブリに下味をつけます。


まずぶりをきれいに洗います。そしてキッチンペーパーで水気を拭き取ります。
フリーザーパックに調味料を入れて下味をつけておきます。


2.調味料を入れたフリーザーパックにブリを入れて空気を抜きます。
しっかり空気を抜いておいてください。この時に空気が入ると味が落ちます。
また、冷凍する時には、味が染み込むように平らにして均等にブリに味がつくようにしてください。


2.冷凍庫で冷凍する
金属トレイに乗せて急速冷凍します。


美味しい解凍方法

冷蔵庫に入れ替えて自然解凍します。
冷蔵庫の下の段やチルド室で自然解凍すると4〜5時間程で解凍ができます。
急ぐ場合には、フリーザーパックを閉じたまま氷水に入れて解凍します。この場合は15分くらいで解凍できます。
氷がない時には、ボールに水を張り、30分置きに水を替えながら解凍していきます。このようにするとドリップが出にくいです



ブリの旬の時期はいつでしょうか?

天然のブリの旬は12月〜1月の冬です。ブリは成長とともに名前が変わる出世魚です。
また、地域によって呼び名がいろいろあるのも特徴です。


春に産卵するるブリは、冬に脂がのっていて、身が締まり美味しく、寒ブリと呼ばれています。
富山県産のブリは有名です。
一般的には、40 〜60cmのものをハマチと呼ばれています。
養殖のブリのことをハマチを呼ぶケースもあるようです。



ブリの主な産地はどこでしょうか?


ブリの産地は、日本海側一帯で獲れます。
有名なのは、北陸を中心とする日本海側で、富山湾や若狭湾や佐渡の両津周辺は、昔からブリの漁が盛んでした。
氷見ブリ、一番寒ブリと呼ばれるブリがブランドになっています。


天然のブリは、長崎県、石川県、島根県、鳥取県、千葉県などが産地とされています。
ブリといえば、石川県、富山県と思われている方も多いと思いますが、漁獲量では、島根県がトップのようです。


また、ブリは養殖が盛んに行われていて、養殖の半数以上がブリで、ブリの出荷量の6割以上が養殖モノです。
養殖のブリは、熊本県、香川県、長崎県、大分県、愛媛県、鹿児島県などが産地です。
ちなみに、ブリの養殖は、昭和の初めに香川県ではじめられたそうです。



美味しい魚を選ぶ、目利きポイント



一年中出回っているブリを選んで、美味しく頂きたいですね。


《一尾で買う場合のポイント》

目とえら
目が澄んでいてえらが綺麗な赤色のものを選びましょう!
目が濁っているぶりは、鮮度が落ちています。



身が厚くころっとした感じの体つきで、尾びれが長く、鱗がしっかりついていて光っているものが、鮮度も脂ののりもよいブリです。体にある帯状にある黄色い部分がくっきりとしているブリが新鮮とされています。


《切り身の場合のポイント》

ブリの切り身は、背と腹に分かれています。好みなのでどちらが背か腹か見分けれるようになってお好みのものを選びましょう。

背は、皮が灰色、黄緑色っぽい色をしています。身がしまっていてさっぱりとした味です。
また、腹は、白っぽい色をしていて、脂がのっています。


血合い
血合いが赤いものを選びましょう!黒ずんで見えるものは鮮度が落ちているブリです。


切り口
身が割れていなくて、弾力のあるものを選びましょう。
身の色はピンク色のものが新鮮です。白っぽいものは鮮度が落ちているかも?です。


《天然と養殖の見分け方》

天然のブリには、体に黄色い線が入っています。また背びれ近くが青色をしています。
身は、天然のブリは赤っぽく、養殖は白っぽいのが特徴です。
養殖のブリの方が脂がのっているのです。




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック