食材の旬の時期や栄養価・保存方法

サンマの旬はいつ頃?


さんまの旬は9〜10月。秋を代表する魚のひとつです。


さんまは、回遊魚で、オホーツク海などの北の海から秋に本州を通過します。
南下する秋にもっとも脂がのっていて、味が良いです。
この季節には、ぜひさんまを食べたいですね。



秋刀魚の産地は?

さんまは8月末頃、北海道東で最初に水揚げが始まります。
そして徐々に三陸沖まで水揚げが南下します。


三陸沖の海は、親潮と黒潮がぶつかる世界三大漁場。
そのためエサが豊富でさんまに脂が乗ります。


北海道から三陸沖に水揚げされるのは8月末から10月中旬頃まで。
この期間のさんまはサイズが大きく、脂も乗っていて、新鮮なさんまでしか味わえない「さんまのお刺身」が楽しめます。


もっとも脂がのった時期から外れた10月中旬から11月中旬。


さんまは三陸沖から南下し、少しずつ脂が減ってきます。
この時期のさんまは遠く伊豆半島まで行き水揚げされます。


旬を外れたさんまは脂も減ってサイズも小さくなります。
脂が減っているため加工品に適し「干物」などの加工品用に多く使われます。


主な産地は、北海道、宮城県、福島県、岩手県などが漁獲量が多いです。


鮮度の良いさんまを選ぶポイント

  • 1.口先がほんのり黄色いこと。
  • 2.黒目のまわりが透明で、澄んでいるもの。赤っぽくにごっているものは鮮度が落ちています。
  • 3.小さくてもなるべく太っているもの。
  • 4.背が青黒く光っていてつやがあり張りがあるもの。
  • 5.お腹のところがブヨブヨとしていないもの。


さんまの鮮度を保つ保存方法や賞味期限(保存期限)は?

さんまの冷蔵保存(賞味期限:2〜3日)

さんまのわたには、様々な寄生虫が生息している可能性があります。
人体に最も有害なものは、アニサキスです。名前くらいは聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか。


主に腸に寄生しています。熱には弱く、熱処理をすれば問題がありません。
わたを食べる時にはしっかり焼いてから食べることをおすすめします。


また、すぐに食べない時には、内臓があると傷みやすいので、買ってきたら内臓を取り除いて保存します。


  • 1.腸、内臓を取り除きます。また、頭の部分にも血が多いので、頭を取ると鮮度が保たれます。
  • 2.流水で血を洗い流します。
  • 3.キッチンペーパーなどで水気をしっかりと拭きます。
  • 4.ラップやビニール袋に入れて冷蔵庫のチルド室で保存します。
  • この時空気に触れずに保存した方が良いので、ジップ袋で保存する方が良いです。

さんまの冷凍保存(賞味期限:2〜3週間)

3日以上食べない場合は、買ってきたらすぐに冷凍保存しましょう。


  • 1.腸、内臓、頭を取ります。
  • 2.流水で血をキレイに洗い流します。
  • 3.キッチンペーパーで水気をしっかりと取り除きます。
  • 4.ラップで一匹づつ包み、空気に触れないようにします。
  • 5.金属トレイに乗せて急速冷凍します。
  • 6.凍ったら、フリーザーパックに入れて、しっかりと空気を抜いて冷凍庫に再度入れます。

解凍方法

調理をする5時間ほど前に冷凍庫から取り出して、ラップをはがし、乾いたタオルやキッチンペーパーで包んで冷蔵庫で自然解凍します。
こうすることで、ドリップの流出が防げます。
また、表面の変色も防ぐことができます。


急いでいる時には、電子レンジで解凍します。
その場合は、お皿にキッチンペーパーを敷いて、その上にさんまを置いて解凍します。




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック


スポンサード リンク