食材の旬の時期や栄養価・保存方法

しらすの旬はいつ?


旬の時期は「春と秋」2回あります。


マイワシの子の「しらす」は早春が旬。
カタクチイワシからの「しらす」は秋が旬です。


マイワシの産卵期は冬から春にかけてがピークとなります。
カタクチイワシは一年中産卵をしますが、春と秋にかけては産卵ピークの為、5月〜6月はプリプリとした食感を楽しめます。


10月〜11月の秋のシラスは、冬の前であるため脂が乗り、身の引き締まったおいしいシラスがいただけます。
釜あげ・天日干しなどをしておいしくいただけます。



しらすの主な産地

生しらすで有名なのは、鎌倉・淡路島・静岡です。


首都圏から交通の便がよい鎌倉、うまい魚が豊富に獲れる明石海峡を主な漁場にしている淡路島。
そして抜群の鮮度を誇り、富士山の恩恵を授かった貴重なしらすを味わえる静岡です。


美味しいしらすを選ぶ目利きポイント

新鮮なものかどうかを見分ける方法は、

「茹でた時にしらすが曲がるかどうか」です。

ひらがなの「し」の形になったしらすを選ぶことです。


新鮮なものは、茹でると、ひらがなの「し」や「つ」、「へ」のようにまっすぐではなく曲がった形になります。
新鮮ではないものは、茹でても曲がらず、直線です。


スーパーなどで、まっすぐのしらすが入っているなら、冷凍後に茹でられた可能性があります。


色味で見分けるポイント

お腹の部分が赤くなっているシラスが脂はのっています。
白いものは真っ白に輝き、青いものは青光りしているものが新鮮です。


形で見分けるポイント

目が光っているものは新鮮です。
魚体がひきしまってぷりっとしていて、体が海老状に丸まっているものが新鮮です。
サイズが大小が混じっておらず粒がそろっているものが新鮮です。
サイズが大小混じっていないものは、手作業で細かく選別されているため上等だと思われます。
また、粒が揃っているものは、固さや食感も揃っているのでよいとされています。


その他のポイント

しらす以外の生物(かに、えびなど)、砂、藁などが混じっていないものがよいとされています。



しらすの上手な冷蔵・冷凍保存方法

毎日食べるのなら、冷蔵庫で密封しないで保存すると長く持ちます。


ざるに入れたり、 ふたやラップをしないで保存します。


日がたつにつれ、少しずつかわくので、釜上げしらすはしらす干しに、
しらす干しはより乾いた硬いしらす干しになっていき、毎日違った食感が楽しめます。


表面だけが乾きやすく、下の方がいたみやすいので毎日軽くまぜることです。


釜揚げしらす:

冷蔵庫内、密封保存で4日
パーシャル冷凍1週間
冷凍保存で1ヶ月※がおいしく召し上がっていただける目安です。


天日干しちりめん:

冷蔵庫内、密封保存で10日
パーシャル冷凍2週間
冷凍保存で1ヶ月


プラスチック製の凹凸のあるトレイの場合でも、発泡スチロールの場合でも、平たくしてなるべく塊ができないようにしましょう。


離乳食などで1回に使う量が決まっている場合は、逆にある程度ブロックにまとめておくと、使う時に便利です。


ジップロックなどの保存用袋に入れ替える場合も、平たくして冷凍しましょう。
水分の多いしらすほど早めに使い切りましょう。


そのまま食べる場合は、自然解凍か流水解凍が一番良いです!


流水解凍の場合は袋に移し替えて、袋の上から流水にあてましょう。
少量ならばすぐに解凍できますよ。


そのまましらす丼などでたくさん食べたい場合も、流水で解凍した方が風味が良いようです。
※柔らかいしらすほど、解凍時に水っぽくなりがちです。気になる場合はキッチンペーパーなどで水分を取りましょう。




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック


スポンサード リンク