食材の旬の時期や栄養価・保存方法

エビの旬はいつ頃?


エビと一口にいっても、いろいろな種類があり、家庭用としては、ブラックタイガー、生食であれば甘エビ、ボタンエビが一般的です。
他には、桜えび、アカエビ、車エビなどなど。


エビの旬の時期は、6月から9月と言われています。
夏から秋にかけてが、旬のエビが美味しくいただける季節になります。
美味しいお寿司ネタとして有名な車エビも6月から9月が旬です。


ただ、最近では、エビの養殖や輸入も盛んで、旬の時期でなくても一年中美味しいエビが食べられるようにもなっています。



主なえびの産地は?

車エビ

沖縄県、鹿児島県、熊本県、愛媛県、愛知県、大分県、福岡県が産地です。


天然物は非常に少なく、主に養殖ものになります。特に沖縄などからのものが多いです。
とくに夏から秋にかけてたくさん水揚げがあります。


ウシエビ(ブラックタイガー)

ほとんど総てが養殖で輸入されたもので、産地は台湾、東南アジアです。
日本では、高知県。
養殖冷凍ものなので年中市場にあります。エビは養殖もの天然もので味の差が少ないです。


ホンホッコクアカエビ(甘エビ)

現在グリーンランドやアイスランドなど北大西洋で獲られた物が冷凍で大量に輸入されています。
これらも「アマエビ」として市場に流通していますが、厳密には、これらはホンホッコクアカエビと呼ばれる別種とされています。


日本の産地は、北海道が最も水揚げ量は多く、全国の7割程にも達します。
主に西側沿岸で獲れるようです。次いで新潟となり、富山や石川など北陸の名物ともなっています。


ボタンエビ

丹後あたりから北陸、北海道にかけて水揚げされていますが、北海道では日本海側だけでなく、噴火湾や釧路沿岸でも水揚げがあり、全体の多くを占めています。



新鮮なエビを選ぶ目利きポイント


  • 1.透明感がありつやつやしたエビを選びましょう

見た目、ツヤツヤしていて透明感のあるエビの方が新鮮で美味しいです。ツヤがなくなり尾が黒く変色しているエビは劣化が始まっています。よく見て買いましょう。


  • 2.横線の模様がはっきりしているエビをえらびましょう

これは、車海老の見分け方です。 模様がくっきりしているものが新鮮で美味しいです。
生きているエビを選ぶ時には、黒褐色、灰褐色の縞模様がはっきりしているエビがおすすめです。
茹でているエビは、赤橙色と白がくっきりしているエビがよいです。


  • 3.白っぽくなったエビは避けましょう

エビは、赤っぽいのが本来の色です。
鮮度が落ちてしまうと白っぽくなってくるので、白っぽくなったエビはさけましょう


  • 4.弾力のあるエビを選びましょう

エビを触ってみて弾力のあるエビは新鮮です。
逆にぶよぶよしているエビは鮮度が落ちています。


  • 5.身の表面が乾いているエビは避けましょう

茹でたものは、身の表面が乾燥している感じのものはおいしくありません。よく見て購入したいものですね。


エビの鮮度を保つ保存方法・賞味期限(保存期限)は?

上手な冷蔵保存方法(賞味期限:その日のうちに使い切る)

  • 1. えびは頭やハラワタを取り除き、皮を剥いておきましょう。

その際、忘れずに背ワタも取るようにして下さいね。
尻尾は取らなくても結構ですが、解凍後エビチリ等に使用したい場合はあらかじめ取っておいてもいいですね。
下ごしらえが終わったら、水でさっと洗っておきます。

  • 2. 「殻つき」のものは塩で、「むき身」は塩または片栗粉をもみ込んだあと水洗いします。
  • 3. 水気をよくふき取ります。
  • 4. エビをラップで包み、ジッパー付き保存バッグに入れ保存します。

上手な冷凍保存方法(賞味期限:生のまま冷凍した場合2〜3週間 加熱してから冷凍した場合3〜4週間)

  • 1. 冷蔵と同様に下処理をします。
  • 2. 水に浸して風味をキープします。
  • 3、下ごしらえしたエビを、使いやすい分量ずつフリーザーバッグに入れましょう。そしてバッグの中に、エビがひたひたになる位のお水を入れて下さい。
  • 4、トレイにエビを入れたフリーザーパックを置き冷凍しましょう。

※購入後、一度解凍したエビは、加熱処理してから冷凍しましょう。
凍ったらジッパー付き保存バッグに入れ、密閉して保存します。


※エビや貝類を冷凍保存する場合、水に浸して冷凍すると氷の膜が食材の酸化を防いでくれるんだそうです。
そのため、ラップで密封するよりも風味を損なわずに保存することが出来るんだそうですよ。


エビは頭の部分から痛んでいくので、頭やハラワタは必ず取り除くようにして下さいね。




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック