食材の旬の時期や栄養価・保存方法

魚をおいしく長持ちさせる保存方法は?


魚には体を健康に保つための栄養素がぎっしりと詰まっています。


特に旬の魚にはより多くの栄養素が含まれています。
しかし、魚を買ったはいいが、食べきれずに保存することになったとき、
上手に保存できますか?


魚は保存の仕方によって味・鮮度・栄養分がガラリと変わります。
特に旬の魚はより多くの栄養成分が含まれ、良い保存方法によって栄養分も味も長く保つことができます


このカテゴリーでは

  • 魚の旬の時期
  • おいしい魚選びのポイント
  • 上手な冷蔵・冷凍保存方法
  • 保存期限・賞味期限

などをご紹介していきます。


下のお魚一覧から検索していただけます。



お魚一覧

 
あ行

アサリ
アジ ・甘エビ
 ・アワビ
イカ ・イクラ
イセエビ ・イワシ
ウナギ ・ウニ
エビ

か行

牡蠣
カツオ
数の子
カニ

さ行

サザエ ・サバ
サンマ

しらす

た行

タイ ・タコ
タチウオ

な行 は行

ひらめ
ブリ
ホタルイカ

ま行

マグロ
メバル

や行
ら行

ロブスター

わ行



魚の保存方法は?旬の時期や産地・魚選びのポイント記事一覧

平目の旬はいつ?上手な保存方法や美味しいヒラメの選び方は?

左ヒラメ右カレイと言われるくらいにそっくりな平目と鰈。今回は平目の保存方法や種類・良いヒラメの見分け方についてお話します平目の旬は?ヒラメの旬の時期は、11から2月の晩秋から冬が時期となります。「寒ビラメ」と呼ばれるように、寒い時期のヒラメは特に脂がのっていて、身が引き締まっているため美味しいと言わ...

≫続きを読む

カツオの上手な保存方法は?旬の時期や美味しいカツオを選ぶコツ

カツオの旬は年2回!かつおが一番おいしい旬の時期は4月〜5月の「初かつお」の春9月〜10月「戻りかつお」の秋だとされています。かつおは太平洋に生息し、冬から春にかけ黒潮にのって北上、秋に南下します。そのため、かつお漁は春に九州南部で始まり、初夏に本州中部、初秋に三陸北部、北海道で行われます。 (ad...

≫続きを読む

鯛の上手な保存方法は?旬の時期や美味しいタイを選ぶコツは?

一般的になかなか鯛を食べる機会は少ないかと思いますが、偶然頂きものとして鯛が送られてきたり趣味の釣りで鯛を釣ってしまった。という経験をされた方もいるのではないでしょうか。その際にせっかくの鯛を鮮度の良い状態で美味しく保存する方法や保存期限についてまとめてみました。鯛の旬の時期は?冬から春になる前だと...

≫続きを読む

美味しい伊勢海老の選び方は?旬の時期や保存方法もご紹介

伊勢海老の旬の時期は、冬の波が荒れる時期(10月から1月)の伊勢海老が一番美味といわれています。10月から4月頃は茨城県以南の太平洋岸や九州西岸に多く生息し、5月から9月が産卵期。本場の伊勢地方では10月から4月が漁期です。房総半島以南から台湾までの西太平洋沿岸と九州、朝鮮半島南部の沿岸域に分布して...

≫続きを読む

あわびの旬や美味しい鮑を選ぶコツは?上手な保存方法もご紹介

アワビの旬は夏と冬の2回あります。日本で食べられている代表的なアワビは「エゾアワビ」「クロアワビ」「メガイアワビ」「マダカアワビ」の4種類です。生息場所から産地、産卵期などが少しずつ異なり、旬の時期も違います。夏に旬を迎えるアワビは冬に産卵を終え、ぷりっぷりに肥えたクロアワビやメガイアワビとなります...

≫続きを読む

しらすの上手な保存方法は?旬の時期や美味しいシラスを選ぶコツ

旬の時期は「春と秋」2回あります。マイワシの子の「しらす」は早春が旬。カタクチイワシからの「しらす」は秋が旬です。マイワシの産卵期は冬から春にかけてがピークとなります。カタクチイワシは一年中産卵をしますが、春と秋にかけては産卵ピークの為、5月〜6月はプリプリとした食感を楽しめます。10月〜11月の秋...

≫続きを読む

鯵の保存方法は?旬の時期や美味しいアジを選ぶポイントご紹介

あじは暖流にのって日本周辺を回遊している魚で、馴染みの深いお魚です。一般的にあじと言えば「真あじ」のことを指します。年間を通じて食べられますが、5月〜7月にかけてが一段とおいしい時期で、小型・中型の真あじの旨みが増します。さっぱりとした味が人気です。早い時期には、「豆あじ」や「小あじ」が多く、盛夏に...

≫続きを読む

冷凍保存で美味しく長持ち!旬のイカの上手な保存方法は?

いかの旬の時期は?いかは、ほぼ通年美味しいイカを食べる事が出来ますが、種類によって旬は異なります。スルメイカは「夏いか」と呼ばれるように、夏が最も水揚げが多い時期で美味しい旬と言えます。剣先イカは、地域によって旬が違います。コウイカは、夏から秋にかけては新イカが、秋になると大きくなって冬に入荷の盛期...

≫続きを読む

旬の美味しいウニの見分け方は?上手な保存方法もご紹介

ウニの種類は、日本近海だけでも180種類ほどが知られていますが、食用とされている主なウニは次の4種類です。「ムラサキウニ」「キタムラサキウニ」「バフンウニ」「エゾバフンウニ」 です。ウニの旬は?それぞれの旬は以下のとおりです。バフンウニが3〜4月。ムラサキウニが6〜8月。エゾバフンウニが7〜8月。キ...

≫続きを読む

旬のサバを選ぶポイントは?保存方法・保存期限もご紹介

サバの旬はいつ?鯖が旬の時期は10月から2月の秋から冬になります。この時期に日本近海で採れる「マサバ」は、「秋サバ」や「寒サバ」と呼ばれていて、いちばん脂がのっていておいしいといわれています。ただし他の時期にも脂ののったマサバがいます。「ゴマサバ」は一年中取れるお魚です。鮮魚として、また活け締め(首...

≫続きを読む

旬の鮭の選び方は?おいしく保存するためのポイントもご紹介

秋鮭の旬は9?11月。秋鮭は秋に産卵のために川に向かい、脂が少ないのが特徴です。春の終わりから夏に旬を迎える鮭を時鮭(ときしらず)と呼びます。時鮭(ときしらず)の旬は4?7月。脂がのっていて柔らかいのが特徴です。日本は鮭の消費大国で、世界の漁獲高の約3分の1を消費しているそうです。鮭は川で誕生して海...

≫続きを読む

旬のイクラの美味しい保存方法は?保存期限(賞味期限)は?

いくらの旬の時期は9月から11月の秋の期間です。この時期はいくらの親である鮭の旬でもあります。ただ旬の時期はあくまでも目安であり実際問題いくらとしての旬はその年毎の水温や気温等の環境によって変わってきます。あくまでもいくらは鮭の卵なのでプチプチとした食感が程よい時期はあくまでも机上の空論ですが10月...

≫続きを読む

旬の美味しい鮎の見分け方は?主な産地や保存方法のご紹介

鮎の旬の時期はいつ?鮎の旬は6月〜8月です。きれいな川でしか生息することができない貴重な川魚であり、古くから夏の味覚と言えば鮎と言われています。最近では乱獲による絶滅を防止する為に6月から8月以外の時期は漁が行われることはありません。鮎は年魚と呼ばれています。冬に生まれ翌年の秋に寿命を迎えます。儚げ...

≫続きを読む

美味しい甘エビを選ぶコツは?鮮度を保つ保存方法もご紹介

甘エビの旬は海水の温度が低下しつつある9月から2月頃です。この時期の甘エビは最も成長している時期だと言われています。ちなみに甘エビは春から夏頃に出産時期を迎えます。甘エビは11年間で生涯を終えます。一番食べごろは4年目から5年目頃の秋から冬にかけての季節です。北海道では1月から2月頃には流氷が流れて...

≫続きを読む

マグロの産地や旬は?美味しいマグロの選び方や保存方法もご紹介

まぐろの旬は、まぐろの種類によって異なりますが、市場では年中出回るお魚でもあります。クロマグロの旬は、12〜2月別名、本マグロと言われています。マグロの中でも大型で最高級種です。ミナミマグロの旬は、11〜3月別名、インドマグロと言われ、クロマグロと並ぶ高級種です。メバチマグロの旬は、4〜5月流通量が...

≫続きを読む

うなぎの鮮度を保つ保存方法は?美味しい食べ方もご紹介

夏はやっぱり、うなぎ!夏になると、鰻の蒲焼きや白焼きがスーパーの店頭に並び、食欲をそそります。百貨店の催事コーナーでは美味しい匂いがしてきて、香りを嗅ぐだけでも元気が出そうですよね。夏バテ対策に、ちょっと豪華な夕食として登場させてみるのもいいかも知れません。価格は高めですが、暑いキッチンで魚をさばい...

≫続きを読む

タチウオの旬は?美味しいたちうおの選び方や保存法は?

身近な魚、タチウオ暖かくなると目にすることが多くなる、銀色の皮の切り身。どの地域の方も、スーパーなどで見かけるのではないでしょうか。タチウオは北海道以南の日本中で獲れる魚です。特に愛媛県や大分県でよく獲れ、「くにさき銀たち」や「臼杵たちうお」は大分のブランド品です。海釣りでは駆け引きのテクニックが必...

≫続きを読む

おいしいサザエの選び方は?鮮度を保つ保存方法のご紹介

身近な、生きた食材魚介類を自分で釣ったり採ったりして食べたことはありますか?とったその場で食べると鮮度がよく、意外に臭みもありません。ほとんどの方が、一度は潮干狩りや海水浴に行った経験があると思います。アサリやカニなどをとったことがある人も多いでしょう。素人が簡単に見つけられるのはお魚よりも貝類です...

≫続きを読む

鮮度を保つホタルイカの保存方法は?美味しく食べる解凍方法

ホタルイカの旬の時期はおよそ3〜5月の間ですが、産地によって異なりまます。ホタルイカで有名な富山湾では、毎年毎年3月1日が解禁日とされ、6月まで続きます。4〜5月初旬が旬になります。水揚げ量は兵庫県の浜坂漁港などが一番多く採れます。兵庫県でのホタルイカ漁は、1月下旬から解禁になります。そして3〜4月...

≫続きを読む

えびの鮮度を保つ保存方法は?旬の美味しいエビを選ぶコツは?

エビと一口にいっても、いろいろな種類があり、家庭用としては、ブラックタイガー、生食であれば甘エビ、ボタンエビが一般的です。他には、桜えび、アカエビ、車エビなどなど。エビの旬の時期は、6月から9月と言われています。夏から秋にかけてが、旬のエビが美味しくいただける季節になります。美味しいお寿司ネタとして...

≫続きを読む

あさりの塩抜き方法は?鮮度を保つ冷蔵・冷凍保存方法は?

アサリの旬は、年に2回あります。2〜4月の春、9〜10月の秋の2回です。産卵の時期に身が肥えて美味しいとされています。あさりは年二回産卵があるのです。あさりは、通年、市場に出回りますが、国内産のあさりは、減少していて、中国や韓国、北朝鮮から輸入していて、国内の国内の干潟や浅瀬に蓄養して日本産として販...

≫続きを読む

旬のサンマの保存方法や賞味期限は?美味しいさんまを選ぶコツ

さんまの旬は9〜10月。秋を代表する魚のひとつです。さんまは、回遊魚で、オホーツク海などの北の海から秋に本州を通過します。南下する秋にもっとも脂がのっていて、味が良いです。この季節には、ぜひさんまを食べたいですね。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p...

≫続きを読む

旬のいわしの保存方法は?美味しい新鮮な鰯の選び方は?

いわしといえば、マイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシが一般的です。種類によって旬が少しつつ異なります。マイワシは、7月から12月、カタクチイワシは、9月から1月。ウルメイワシは10月から2月頃が旬とされています。産地によっても異なります。鰯全般には、秋に脂がのって美味しいと言われていて、旬は秋と言...

≫続きを読む

冷凍で賞味期限は1か月。数の子の保存方法や旬の時期は?

数の子はにしんの卵です。旬は3〜4月で、にしんの産卵の季節が旬になります。昔、にしんを「かど( カドイワシ)」と呼ばれていて、その子を「かどの子」、それがなまり「数の子」となったといわれています。にしんのメスのお腹から取り出した卵のかたまりを、天日干し、または塩漬けに加工したものが数の子です。数の子...

≫続きを読む

ぶりの保存方法!上手な冷凍方法は?旬の時期や良い鰤の選び方は?

ブリの上手な冷蔵方法(賞味期限:2日〜1週間)ブリを買ってきたら、まずはすぐにブリについている水気を取ります。表面の水気には、雑菌がついていて繁殖したり、臭みの原因になります。これは、ブリに限らず他の魚も同様です。すぐに食べない時には、味を付けて保存しておくと、美味しくなり、日持ちもします。下味をつ...

≫続きを読む

ロブスターってどんなエビ?旬の時期や産地、保存方法のご紹介

ロブスターは、エビ目ザリガニ下目アカザエビ科(ネフロプス科)ロブスター属に分類、甲殻類2種を指します。伊勢海老は似ていますが、エビ目イセエビ下目イセエビ科に属するエビの一種で、分類上は違うものです。違いは、ハサミの有無です。伊勢海老には、ハサミがありません。また、体のブツブツがあるのが伊勢海老、つる...

≫続きを読む

メバルの旬はいつ頃?鮮度を保つ保存方法や一夜干しの作り方もご紹介

日本各地で釣れるので、釣りをする方に馴染みのあるお魚です。黒メバル、赤メバル、白メバルなどがあるのですが、総称してメバルと呼ばれているようです。これらのメバルの中で沖合にいるメバルのことを、ウスメバルと呼ばれているそうで、特に美味しいとされています。メバルの旬は、2月から5月初旬くらいの春とされてい...

≫続きを読む

美味しいたこを選ぶポイントは?うまさを保つ保存方法もご紹介

・美味しいたこを選ぶ、目利きポイント●足足が細いたこよりも、太いたこを選びましょう。また、吸盤に弾力があり吸い付くくらいのものがおすすめです。茹でたたこの場合でも、足の先までくるんと巻いたたこを選ぶと美味しいたこにあたります。●メス吸盤を見て一個だけ大きいのがあるもものがメスです。オスよりもメスの方...

≫続きを読む

産地や色で分かる良いシジミの見分け方は?鮮度を保つ保存方法もご紹介

シジミの主な産地日本で流通されてるシジミの多くはヤマトシジミという種類のシジミです。しじみの産地は、島根県松江市の宍道湖で日本三大しじみと言われれています。水揚げ量も全国第1位です。そして、第2位は、青森県です。青森県には、しじみの産地が2箇所あります。青森県青森県上北郡東北町の小川原湖と、五所川原...

≫続きを読む

産地や旬の時期による鮮度の良い牡蠣の選び方は?保存方法もご紹介

日本では、牡蠣は約25種類がとれるそうです。有名なのは、広島の真牡蠣、有明海のすみのえ牡蠣、岩牡蠣、長牡蠣、イタボ牡蠣などがあります。今日本で流通している牡蠣はほとんどが養殖の牡蠣です。岩牡蠣は天然ものですが、流通量が少なく、価格も大変高価です。主な産地は、広島の宮島の牡蠣は養殖です。身のしまった質...

≫続きを読む

おいしいカニの選び方は?かに選びのポイントや保存方法もご紹介

冬といえばカニ!かにを食べに旅行へ出かけ、お土産にカニを買って帰る方も多いのでは?国産のタグ付きのブランドガニならば1杯何万円もする超高級品です。ロシアやカナダ等の外国産のカニもたくさん出回っていますが、それでも何千円とする高級品です。せっかく高いカニを買って帰るのですから良いものを選びたいですよね...

≫続きを読む

スポンサード リンク