食材の旬の時期や栄養価・保存方法

カサゴの栄養価・目利き

 

 

磯の高級魚
 カサゴは水族館などでもよく見かける、背びれの尖った近海魚です。特徴のある外見ですから名前を知っている方も多いでしょう。スズキ目メバル科で、メバルとよく似ています。どちらも煮付けにするとおいしいですね。
 磯で釣ることもでき、釣りの獲物として人気です。ただし、背びれがトゲトゲしているので触れるには注意が必要ですし、種類によっては毒のあるものもいます。北海道より南の沿岸で獲れ、瀬戸内海の近くではよく食べられていますが、昔より値段が上がって現在は高級魚の一つになっています。特に、磯で獲れたカサゴはとても高価です。
 そして、実はカサゴは俳句の季語にも使われていて、夏の季語とされています。ですが、旬は初夏から冬と長い間おいしく食べられます。鮨ネタにされることもあり、特に12?3月ごろがいいと言われています。

 

アクアパッツァ、ブイヤベースから煮付けまで
 カサゴ自体がとてもおいしい魚ですから、いろいろな料理法でおいしく食べられます。旨みが豊富でゼラチン質が多いですから、とりわけ汁物に向いています。アクアパッツァ、ブイヤベース、煮付けなど、和洋を問わず食卓のメイン食材として活躍できます。他にも唐揚げ、塩焼きにもできます。鮮度がよければお寿司や刺身などの生や霜造りにして食べられますが、傷みやすいため家庭で供する場合は気をつけましょう。
 一匹丸ごと売っていることも多いため、身の状態よりも外側の見た目で鮮度を判断することになるかもしれません。元気な活魚なら文句なしですが、そうでなければエラのところを見て、鮮やかな赤のものを選びます。もし触ることができれば、引き締まって固いものの方が鮮度がよいと言えます。
 自分でさばく時は、鋭いトゲでケガしないようにしてください。背びれ、腹びれ、尻びれと、顔の横にもトゲがあるので先にカットすると安心です。

 

煮こごりも食べて、お肌プルプルに
 カサゴは脂分が少なく、ほとんどタンパク質でできています。皮やひれの近くにはゼラチン質(これもタンパク質ですね)が多く、煮汁を放置しておくと煮こごりができます。煮汁ごと食べられる料理なら、翌日に肌の調子がよくなっている可能性が高まります。さらにカサゴの骨を骨湯にして食べればカルシウムも摂れますし、素材を余すところなく活用できますよ。
 また、ビタミンB12やビタミンDも豊富に含まれているおかげで、自律神経を整えたり血液を作るのに使われたりと、体全体の調子をよくするのに役立ちます。ストレスが多い生活を送っている方や、貧血ぎみの女性にはとても効果的と言えます。
 脂質が少ないので、カロリーは低め。1匹あたり約120kcalですから、たくさん食べてもそう心配ないでしょう。鍋の具材や揚げ物にしても比較的ヘルシーですし、味も淡白すぎずおいしいです。小さいものは丸ごと揚げて、見た目も豪華にできます。
 おもてなしの時や、ちょっと奮発したい時、変わった食材に挑戦したい日にはとてもおすすめな魚です。

スポンサード リンク