食材の旬の時期や栄養価・保存方法

ハゼの栄養価・目利き

 

 

昔は身近な存在、今は高級魚
 冬の白身魚として、ハゼ(仙台ではカジカ)を見かけることがたまにあります。でも、食べたことのある人は少ないかもしれません。ハゼは昔、浅い海なんかによくにいて、子どもでも簡単に獲れるのでとても親しまれていた魚です。干潟の魚といえばムツゴロウが絶滅危惧種になったことで有名ですが、あれをもう少し魚らしい形にしたのがハゼです。ハゼとムツゴロウは同じスズキ目ハゼ科の仲間ですから、似ているのも当然かもしれません。
 ハゼは日本中の干潟や河口付近、浅い川などに住んでいて、少しくらい汚い水でも生きていられるので東京湾などでもよく見られました。今でも釣りで人気の魚ですが、体の大きいマハゼは高級魚として扱われています。大きいといっても、だいたい25cmもあればとても大きいといってよく、普通の成魚は15cmくらいです。たくさん釣って、あるいはある程度まとまった量を入手して、いっぺんに料理するのがよいでしょう。
 春先に産卵期を迎えることから、その直前の秋?冬が一番おいしい旬です。この頃に出回るハゼの開きなどはとても高級です。

 

ぜひ、天ぷらに!
 なぜ身近だったハゼが高級になったのでしょう。小さいものは素人でも簡単に獲れますが、市場に出回ることはほとんどありません。そして、大きいものが貴重です。天ぷらにするととてもおいしいからです。でも、大きいハゼはなかなか獲れないので、値段がつり上がって料亭などの高級店でしか扱えなくなってしまいました。とても残念です。自分で釣るのが手っ取り早いともいえます。サイズが小さくても同じ魚ですから、もし入手したら天ぷらにすることを強くおすすめします!
 鮮度が味にダイレクトに影響しますから、新鮮なものを手に入れましょう。買うのなら生きた状態か、獲れてすぐのものをゲットしてください。時間が経つとすぐに身がやわらくなってしまいます。ただし、買うと値段が高いので、自分で釣るのもいいですね。釣るのはとても簡単ですから、コストをかけずにお家で料亭の味を存分に楽しめます。
 天ぷら以外でしたら、大きいものはフライ、小さいものは唐揚げ、かき揚げなど一気に揚げる料理がおいしいです。一手間加えて南蛮漬けにすることもできます。他は塩焼きやみりん干しなどの焼き物や甘露煮、刺身にもできます。小さいのでさばくのは少し大変ですが、いろいろな食べ方がありますからお好きなものを試してみては。

 

骨によくてヘルシー、丸ごと食べれば◎
 ハゼはカロリーがとても低くて、1匹なんと15kcalという超ヘルシーな食べ物です。こんにゃくゼリーよりもカロリーが低いです。身に脂分はなく、ほとんどがタンパク質です。また、ビタミンB12とビタミンDが豊富なため、骨や血液をつくり体を丈夫にするのに役立ちます。骨ごと揚げたものを食べればカルシウムも摂れますから、一石二鳥ですね。ハゼの骨はあまり硬くなく食べやすいですし、育ち盛りの子どもには特におすすめです。一方で、野菜などに含まれるビタミンA、ビタミンEなどは少ないため、サラダなどを一緒に食べればバランスのよい食事になるでしょう。