食材の旬の時期や栄養価・保存方法

メジナの旬・栄養価

 

 

タイに似た、よくいる魚
 メジナは関西ではグレとも呼ばれ、釣り愛好家の間でとても人気の高い魚です。体長45cmくらいで見た目はイシダイに似ていますが、同じスズキ目でも科が異なり、イシダイはイシダイ科、メジナはメジナ科です。世界中にメジナの仲間が生息していて、青いものや黒いもの、黄色っぽい縞があるものなどがいます。日本では北海道南部より南の磯に住んでいるものをオキアミなどで釣ることができ(静岡では何とみかんを餌にするそうです!)、見た目が美しく比較的簡単に釣れることや持ち帰って食べるとおいしいことなどから釣り人に好まれているようです。
 年中獲れるメジナですが、夏場は身に磯臭さがあるため、冬から春にかけてが臭くなく適度な脂ものっていて旬と言えます。というのも、メジナは夏と冬で餌が異なり、夏場は主に甲殻類を食べ、冬は海藻を食べるので味が変わるのだそうです。
 個人の釣り以外で獲れるものとしては、冬の日本海側でまとまって網にかかることが多いため、石川県産などのものがよく見られます。国内なら産地による種類・味の違いはあまりなく、メジナ自体にも分類上の亜種や個体差がかなりあるので、少し見た目が違うものがいても、あまり気にしなくてよいと思われます。

 

さっぱりした白身魚。カルパッチョ向き
 スズキやタイもそうですが、あっさりとしていて脂は少ないです。塩焼きや煮付けにしてもいいですし、お刺身など生でもおいしく食べられます。見かけからは鮮度がわかりにくい魚ですが、体表の色が濃くて磯臭くないもの、身は透明感があって張りがあるものを選びましょう。
 鮮度がいいときはすこし身が硬いので、薄く切ってカルパッチョなどにすると大変おいしいです。あるいは、身の淡白さを活かして唐揚げやフライにするというのもありです。
 もし、手に入った魚がちょっと磯臭いようでしたら、濃い味で煮付けにしたりソテーにすると気にならないかもしれません。

 

ダイエットや美肌に効く!
 タンパク質が豊富で脂質が少なく、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンD、リンが多いのが特徴です。1食あたりだと、ビタミンB2は豚ヒレ肉の2倍、ビタミンB12は10倍も含まれています。これらの栄養素は皮膚をきれいにしたり脂肪やタンパク質の代謝に使われたりしますから、美容と健康にとても役立ちます。ダイエット中の方には特におすすめできます。
 生活習慣病などの予防に気を使っている方には、にんにくを一緒に使った料理が効果的です。血中コレステロールの低下に役立ち、免疫機能を高めます。あわせてビタミンCを含むレモンを摂るとさらに免疫力アップ、さらにはガンの予防にもつながります。
 カロリーは1食約250kcalですから、豚肉の部位でいうとロースと同じくらいです。お肉より脂質が少ないとはいえ、普段あまり運動しないのであれば食べ過ぎには注意ですね。いろいろな調理法がありますから、飽きのこない食材として取り入れてみてはいかがでしょうか。