食材の旬の時期や栄養価・保存方法

メバルってどんな魚?


メバルに含まれる栄養価やカロリーは?

(100gあたりの栄養成分)

 

熱量 109kcal
水分 77.2g
タンパク質 18.1g
脂質 3.5g
飽和脂肪酸 0.79g
一価不飽和脂肪酸 0.92g
多価不飽和脂肪酸 0.95g
コレステロール 75mg
灰分 1.2g
ナトリウム 75mg
カリウム 350mg
カルシウム 80mg
マグネシウム 27mg
リン 200mg
鉄 0.4mg
亜鉛 0.4mg

銅 0.05mg
レチノール 11μg
ビタミン D 1μg
ビタミン E 1.5mg
ビタミン B1 0.07mg
ビタミン B2 0.17mg
ビタミン B3(ナイアシン) 1.6mg
ビタミン B6 0.11mg
ビタミン B12 1.5μg
ビタミン B9(葉酸) 5μg
ビタミン B5(パントテン酸) 0.37mg
ビタミン C 2mg



メバルを食べることによってどのようないい効能があるのでしょうか?



美肌に効果のあるレチノール!

レチノールは脂溶性ビタミンで、ビタミンAの一種です。
肌の健康を保ち、成長促進を助けます。
また夜盲症を改善します。
そしてのどや鼻の粘膜に作用して、細菌からからだを守るという働きをします。


コラーゲンたっぷりでお肌ぷるぷる!

メバルはお肌に良い魚なのです。
その理由は、メバルにコラーゲンがたっぷり含まれるお魚だからです。
コラーゲンは説明がいらないほど有名ですよね。肌の弾力を保っています。ただ加齢に伴い減少していきます。
コラーゲンが減少すると、お肌のハリが失われて、たるみになります。


カルシウムが豊富!

骨粗鬆症で知られれるカルシウム。この栄養素も30台をピークに減少します。
ですので高齢になると骨粗鬆症になりやすくなるのです。
特に女性は骨からカルシウムの流出を抑える女性ホルモンが減少すると骨粗鬆症になりやすいとされています。



メバルの栄養価はどんな食材(栄養素)との相性が良いのでしょうか?


メバル+レモン

メバルのDHA、EPAは生で食べると効率よく摂取できます。
抗酸化作用のあるビタミンCと一緒に摂ってDHA、EPAを効果的に摂りましょう!また、コラーゲンもビタミンCと一緒に摂ることで吸収力がアップします。
めばるは刺身にしてレモンを添えて下さい。


メバル+油

メバルに含まれているレチノールは脂溶性ビタミンのため油を使って調理するのがオススメ。
調理例)メバルの唐揚げ


メバル+大根(しらす入り)

メバルに含まれるリンはカルシウムと一緒に摂ることで吸収力アップします。
なのでメバルの煮付けにしらす入りの大根おろしを添えるとよいでしょう。


メバル+人参、ほうれん草、かぼちゃ

メバルに含まれるDHA、EPAは、Bカロテンと一緒に摂ると、ビタミンAに変化することができます。
そのため、抗酸化作用のアップが期待できます。
調理例)焼きメバル+かぼちゃの煮付け



美味しいメバルを選ぶ、目利きポイント

●硬さ

体を触ってみて、ぶよぶよしいたら鮮度が落ちています。
からだに張りがあって、硬いものを選びましょう。


●目

魚の鮮度飲み分けるポイントとして、目が濁っているかどうかで判断しますが、メバルはもともとコンタクトレンズのような膜で覆われているので、鮮度が良くても濁って見えることもあります。


●メバルの種類

赤メバルより黒メバルの方が脂が乗っています。


●肌

肌が艶感のあるものが新鮮です。また、目の飛び出している部分や、えらが鮮やかな赤色をしたものの方がよいです。


●体

体に厚みのあるものを選ぶと美味しいメバルに出会えます。


●えら

えらは鮮やかな紅色をしているものが新鮮です。


●大きさ

早春に見かける小ぶりのもの(20cm以下のもの)がよいとされています。



野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック