食材の旬の時期や栄養価・保存方法

鯵の旬はいつ頃?


アジは、暖流にのって日本周辺を回遊し一年中出回っている馴染みの魚ですが、最も美味しく食べられるのが産卵の前
初夏から夏にかけての5〜7月


旬に獲れるアジは小〜中型で、脂ののりが良いです。
いっぽう秋冬は大型で、旨みは劣ります。


あじには様々な種類があり、漁獲量はマアジ、ムロアジともに長崎が1位。
長崎以外では、マアジは鹿児島と和歌山、ムロアジは島根の水揚げが多いです。



アジに含まれる栄養価は?

アジは、タンパク質、ビタミンA・B・E、カルシウム、カリウム、タウリン、セレンなどが豊富です。


注目の栄養素EPAとDHA。

良い脂肪をとることが美容健康になるといわれ、不飽和脂肪酸が注目され続けています。
アジにはEPAとDHAが豊富に含まれていて、血液がサラサラ、動脈硬化やボケ防止に効果がある上、善玉コレステロールを増やす働きがあり、血液中の中性脂肪を減らしてくれます。


血管年齢を下げたい方にはおすすめの食材です。


  • エネルギー   121kcal
  • たんぱく質    20.7g
  • 脂質 3.5g
  • 炭水化物    0.1g
  • ビタミンA   10μg
  • ビタミンD   2μg
  • ビタミンE   0.4mg
  • ビタミンB1   0.1mg
  • ビタミンB2 0.2mg
  • ナイアシン 5.4mg
  • ビタミンB6 0.4mg
  • ビタミンB12 0.7μg
  • 葉酸 12μg
  • パントテン酸 0.7mg
  • ビオチン 3.4μg
  • ナトリウム 120mg
  • カリウム 370mg
  • カルシウム 27mg
  • マグネシウム 34mg
  • リン 230mg
  • 鉄 0.7mg
  • 亜鉛 0.7mg
  • 銅 0.08mg
  • マンガン 0.01mg
  • ヨウ素 20μg
  • セレン 47μg
  • クロム 1μg


アジをを食べると体にはこんな良い効能が!

EPA(エイコサペンタエン酸):血中コレステロールを抑えます。

アジには、EPAという魚特有の成分が含まれています。
高血圧の改善が期待されています。
EPAは血中コレステロール値を抑え、血行を促進してくれるため、動脈硬化を予防する働きがあります。


DHA(ドコサヘキサエン酸):血液をサラサラにしてくれます。

EPAと同様、不飽和脂肪酸のDHAがアジには多く含まれています。
青魚に多く含まれているのですが、これも高血圧を改善してくれます。


タンパク質

アジには良質なタンパク質が豊富に含まれています。
植物性より動物性のタンパク質は栄養価が高いと言われています。


カリウム:利尿作用があります。

カリウムは、体内でナトリウムに作用し、ナトリウムを尿として排出されます。
そのため、塩分の取りすぎによる高血圧の予防になります。


栄養価を考える上でどんな食材との相性が良いのでしょうか?

食材を組み合わせることで栄養効果がぐっと高まる場合があります。
そんな食べ合わせを知って工夫してみましょう!


アジの塩焼きに大根おろしを添える。

定番の組み合わせです。
大根に含まれるジアスターゼが消化促進を助けます。
また、アスコルビン酸が焼き魚のこげ目にできる発ガン物質の生成を抑える働きをすることが研究されているそうです。


アジとキュウリの酢の物

キュウリは体を冷やし、アジのビタミンB1が疲労を回復しますので、夏バテ解消にぴったりです。


アジの柳川

アジと小坊は、タンパク質、脂肪、食物繊維、ミネラルがとれる食べ合わせです。
卵の良質なタンパク質、三つ葉でカロテン、ミネラルをプラスされ体力が強化されます。
ごぼうや、三つ葉のポリフェノールが花粉症軽減の効果を高めます。


アジのお刺身

DHAやEPAは魚の油の部分に多く含まれているため、調理すると成分が流れ出てしまいますので生で食べるのがおすすめなのですが、
空気に触れることで酸化しやすい特徴があるので、酸化を防ぐ作用を持った食べ物と上手に組み合わせる必要があります。

酸化を防ぐ食材の代表格は、レモンやしそ。
レモンは酸化防止作用のあるビタミンCを多く含みます。
しそは刺身の添えとして、レモンは絞って食べると酸化を予防してくれます。


また、ネギやミョウガにも抗酸化作用のある物質が含まれていますので、薬味として一緒にたべると、食欲も増しさっぱりと味わえます。


アジのマリネ

アジのお刺身にビタミンA、抗酸化作用の高いリコピンがたくさん含まれているトマト、ビタミンAを多く含まれるパセリを刻みオリーブオイル、レモンとあえてたべるとあっさり頂けます。




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック