食材の旬の時期や栄養価・保存方法

体にいい効果がいっぱい詰まった平目の栄養


ひらめは、カレイとよく似ていますが、基本的には同じ仲間で高級魚とされています。


よく似ているヒラメとカレイ、一見見分けがつきにくいですが、
<左ヒラメ・右カレイ>と言って、
平目とカレイの見分け方は目の位置での見分け方ができます。


味は、くせがなく脂肪が少ない淡白な味で、
旬は10〜2月。
このろの平目は寒ヒラメとも呼ばれています。
寒い季節の方が脂がのっていて旨みがアップします。


食べ方は、お造りの薄造りや昆布締め、しゃぶしゃぶ、ムニエル、煮付け、塩焼き、フライなどですね。


ひらめを選ぶポイントは、身が厚く、ぬめりがなく透明感のあるものが良いそうです。
また、養殖と天然のものの違いは、天然物の方が真っ白です。


そんなひらめに含まれる栄養成分や健康効果をご紹介していきます。



ヒラメに含まれる注目栄養素

ビタミンB1

炭水化物(糖質)をエネルギーに変える時になくてはならない栄養素です。
神経系が集まる脳に栄養を送り、正常に機能するサポートをします。
不足すると、糖質を効率的にエネルギーに変えることができないために、疲労や倦怠感を感じるようになります。
イライラ、集中力の低下にもつながります。
こまめにとる様に心がけたい栄養素です。


ビタミンB2

糖質の代謝を助けてエネルギーとして燃やす時に大切な役割をします。
ダイエット中には積極的に摂りたい栄養素です。
皮膚、髪、爪などの細胞の再生に働き、肌荒れなどのトラブルを解消してくれます。
また粘膜を保護する働きがありますので、口内炎、口角炎などの予防にも効果的です。
また、動脈硬化の原因である過酸化物質を分解してくれますので、生活習慣病の予防になります。


ビタミンD

油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつです。骨や歯を守ります。
また免疫力を高める効果もあります。
とゆうのも体内では、ビタミンDはカルシウムが骨へ吸収され定着するのをサポートする働きがあるのです。
最近増えている骨粗鬆症。この治療にもビタミンDが使用されています。
ですので骨粗鬆症の予防になりますね。


ビタミンC

抗酸化ビタミンで活性酸素の発生や酸化力を抑えます。
不足すると、
肌荒れや風邪といった症状から動脈硬化のような疾病までをも引き起こす原因となりますので積極的に摂りたい栄養素です。


セレン

抗酸化酵素の構成主成分として、甲状腺ホルモンを活性する酵素の主成分として、重要なミネラルです。
また免疫系を正常に保つという働きがあるとされています。
セレンは、体内の有害物質の排出を促す効果があり、強い抗酸化作用があります。
不足すると関節症、筋肉痛、皮膚の乾燥、生殖能力の低下などが体に出てくるようになります。
また過剰摂取すると、下痢、胃腸障害、脱毛、爪の変形、肌荒れなどがみられます。




パントテン酸

多くの酵素を活性化する物質として、体内のいろいろな化学反応を助ける働きがあり、3大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)の代謝やストレスへの適応を助ける働きをする栄養素です。
水に溶けやすく、熱、酸、アルカリによって壊れやすい性質があります。
不足すると倦怠感、肌荒れ、発育不良、免疫の低下、手足のしびれなどが現れます。
過剰に摂取してもこの栄養素は、排出されるため心配ありません。


ナイアシン 

約500種類の酵素を活性化させる働きがあり、体内の様々な代謝を助けてくれます。
また、タンパク質、炭水化物、脂質の代謝によるエネルギー生産や、体を構成する成分の合成します。
そして、アルコールや有毒物質の分解に不可欠なビタミンです。
ナイアシンが不足すると二日酔いしやすくなります。
不足すると肌荒れ、倦怠感、二日酔い、脂肪肝、うつなどの症状がでます。


タウリン

タウリンはアミノ酸んで、その中でも「含硫アミノ酸」という分類に含まれます。
働きは、血圧を正常に保つ働きや、血中コレステロールの減少に役立つのではないかと考えられています。
その他、心臓の強化、貧血の予防、肝臓の解毒作用をサポート、不整脈の改善、インスリンなどの分泌を促進し糖尿病を予防します。
また最近ではアルツハイマーに有効となる可能性があるとして研究が進められています。


その他栄養素

また、青魚などの脂肪に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を含みます。


旨み成分のイノシン酸、グルタミン酸、グリシン、アラニン、タウリン、リジンなどアミノ酸を豊富に含んでいるため旨みが濃厚なのです。


ヒラメの栄養価は、高タンパク低脂肪で、消化のよいヘルシーな魚です。ぜひ召し上がってくださいね。


エンガワには、女性にはうれしい美肌成分のコラーゲンがたっぷり含まれています。
コラーゲンは、目の潤いを保ちます。
また、骨を丈夫にする働きがあります。お寿司屋さんに行ったらぜひ食べてくださいね。




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック