食材の旬の時期や栄養価・保存方法

いくらの旬の時期は?

プチプチとした歯ごたえとトロッと口に広がる海の果物とも言われるいくらの旬の時期は
9月から11月頃の秋頃と言われています。


いくらの親である鮭も同じく秋の魚として旬を迎えます。


基本的に一年中スーパーなどで目にする機会が多くありますが、最近は瞬間冷凍技術の進歩や保存方法の管理の研究が進化している為、一年中購入することができます。


漁獲高の問題や高級食材と言われている為、主にロシア産のイクラを春夏頃に見かけることが多くなっています。


市場に行かなくても目にする機会が多いですが、いくらは劣化が激しく繊細な食材なので一番のおすすめは10月頃に北海道に行って新鮮な物を味わうのが良いです。



いくらの栄養価やカロリーは?

イクラ100グラム当たり、272キロカロリーです。


  • 皮膚の状態を保ったり視覚を保つ働きをするビタミンA
  • 脳の働きを活性化するビタミンB1
  • 脂肪燃焼に効果のあるビタミンB2
  • 骨を丈夫に保つビタミンD
  • 体内環境を整え若返り効果があると言われているビタミンE

を含んでいます。
まるで栄養ドリンクの様に豊富な栄養素が詰まった鮭の卵それがいくらです。


いくらを食べるとこんなにいい効能が!

主に体内環境の改善が期待できます。


偏った食生活や脂肪の排出をアシストしてくれます。


人間の脳細胞は徐々に劣化していくと言われていますが、いくらに含まれているビタミンB12は脳細胞の再生に効果があると言われています。
脳の活動が安定的になり、精神の乱れが抑制され体から不要な脂肪を排出してくれるという良いこと尽くしの食材です。



逆に問題点もあります。


それはいくらが高級食材だということと魚の卵と言うことでコレステロールやプリン体が多いのです。
調理の際には醤油漬けにする機会が多く塩分量を多く摂取してしまいがちになる為、内臓器官に負荷がかかりやすいので食事療法としていくらを食べてそれらの病気の改善を目的とされる方にはおすすめできないということです。


イクラの栄養と相性のいい食べ合わせ

主にネバネバ系の食べ物と合わせるとよりスタミナがつきやすくなり効果的です。
ねばねば系の食材といくらを含む魚介類を合わせた爆弾丼にすると夏バテした体に栄養を補給してくれます。


重たいと思われる方はそうめんにいくらとオクラや納豆を混ぜて食べてみましょう。
ねばねばした食材に含まれているムチンは体内で貯蓄されがちないくらに多く含まれるたんぱく質を分解する酵素をもっています。


又、納豆はダイエット食材と言われています。
コレステロールを血中から減少させるサポートを行ったり、納豆に含まれている大豆イソフラボンは余分な塩分を排出してくれる効果があります。


又、納豆には肌を作る効果があります。
肌細胞の活性化や新陳代謝の活性化、豊富な食物繊維を含んでいるため、腸内環境を整えてくれる働きをします。


肌が気になる方や健康に良い食生活を始めたい方には納豆といくらの組み合わせをおすすめします。




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック


スポンサード リンク