食材の旬の時期や栄養価・保存方法

鮎の旬の時期はいつ頃?


天然物の鮎は貴重品種の為、各都道府県によって禁漁期間が区切られています。


多くの場合11月-5月の期間は漁を行うことが禁止されています。


又、鮎は冬に卵から生まれて翌年の秋に命を終える為、
旬の季節としては禁漁の兼ね合いもあり6月から8月の夏季期間が旬と言われています。



あゆの栄養価やカロリー


鮎は100グラム当たり99.9キロカロリーです。


鮎は

  • 皮膚や目の状態を正常に保とうとしてくれるビタミンA
  • 骨や歯を強化するカルシウム
  • カルシウムが身体に定着する様に接着剤の様な役割をしてくれるビタミンD
  • 美肌や老化防止効果のあるビタミンE
  • 脂肪燃焼・コレステロールを低下させたり、勉強などを行っている際の脳機能を活性化させてくれる栄養素であるオメガ3脂肪酸

を含んだ高機能食材です。


鮎を食べるとこんなにいい効能が!


骨粗鬆症予防

体内のカルシウム不足より骨の密度が弱くなることで日常生活にて体を動かしたりする際に関節痛に悩まされたり骨折しやすくなる症状です。
昔は高齢の方が発症し易い症状でした。


年齢が増す毎に体の機能が低下することで食欲がなくなったり、バランスの良い食事をしていても栄養の吸収がままならないことによって柱として支えている体中の骨がスポンジの様に空洞になり日常生活に支障が起こることが原因でした。


最近は過度なダイエットを行う方が増えている為、若者にも多い症状となっています。


栄養を考えた食事制限を行わずカロリーだけを目安に食事制限を行う方が多い為です。


骨密度を上げるためには主にカルシウムと接着する為にビタミンDが必要となります。
鮎には両方の栄養素が豊富に含まれているので骨粗鬆症予防におすすめです。



ダイエット効果

上記にも記載していますが、脳の機能を活性化する働きをしてくれる栄養素を含んでいるので気付いたら自然と何か体を動かしてみようという気になれます。


又、鮎を食べることで新陳代謝が上がりやすく脂肪燃焼効果や血中からコレステロールを低下させようとする働きをする
栄養素が含まれているので、必要な栄養を吸収しながら無理なくダイエットできます。


精神安定

スマホの普及により人間関係や情報過多によって、人間関係が身近に感じやすくなっている最近の社会では
子供から大人までストレスを抱え込みやすくなっています。


鮎には神経を安定させる働きをしてくれるビタミンB12が含まれています。
主に精神安定剤に用いられている成分の一つです。
鮎を食べることで気分が楽になります。


鮎の栄養価を引き出す良い食べ合わせは?


味噌

鮎と同じような栄養素を兼ねている味噌ですが、鮎を味噌焼きにしたり鮎の焼き物のお供として味噌汁を飲んでみると
食事の消化吸収をサポートしてくれる働きをします。


レモン

レモンに含まれるビタミンCとビタミンEには
鮎に含まれている生活習慣病などによる血液や血管の異常を改善してくれるエイコサペンタエン酸(EPA)を吸収し易くしてくれます。


昆布

食物繊維や鉄分・カルシウムが豊富な食材です。
主に煮物や炊き込みご飯をする際に昆布の出汁と出汁をとった後の昆布を使うことで
便秘解消や血圧を下げて安定させてくれます。


身体の外に老廃物を排出してくれるのでダイエットや美容にも良い組み合わせです。


たけのこ

食物繊維が多く余分な塩分を体外へ排出してくれる役割を果たすミネラルやカリウムが多く含まれています。


又疲労回復効果のあるアスパラギン酸や仕事や勉強を頑張って集中しようとしてい方を助けてくれるチロシンという栄養素が含まれています。


チロシンはビタミンB12と同じく精神を安定向上させてくれます。




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック


スポンサード リンク