食材の旬の時期や栄養価・保存方法

アワビの旬の時期は?


あわびの旬の時期は、夏と冬の二回あると言われています。


夏が旬のあわび

冬に産卵を終えた後、身が肥えていくため、美味しい旬の季節が夏になるものが、クロアワビメガイアワビです。
基本的には、鮑全体としては夏が旬と言われています。
他のほとんどの貝類は逆で、夏に味を落とすと言われています。


冬が旬のあわび

東北と北海道の沿岸の寒い地域に生息するエゾアワビは、冬が旬です。



あわびに含まれる栄養価やカロリーは?


あわび(生)100g中に含まれる栄養素

  • エネルギー 73kcal
  • タンパク質 12.7g
  • ナトリウム 330mg
  • カリウム  200mg
  • カルシウム 20mg
  • マグネシウム 54mg
  • リン 100mg
  • ヨウ素 180μg
  • セレン 7μg
  • クロム 5μg
  • モリブデン 13μg
  • ビタミンK 23μg
  • B3(ナイアシン) 1mg
  • B9(葉酸) 22μg
  • B5(パントテン酸) 1.9mg
  • B7(ビオチン) 1.1μg

アワビを食べると、体にはどんな効果・効能があるの?

高級食材として知られている鮑は、健康や美容に良い成分がたくさん詰まっています。
海藻をえさにしているので、海藻の栄養素をぎゅっと濃縮した高い栄養価とこりこりとした癖になる食感や美味しさが特徴です。


高価な食材なので家庭でもめったに登場しない食材ですが、栄養素を見てみるとつい買ってしまいたくなりますね。


美肌効果、アンチエイジング効果のコラーゲン

あわびは、コラーゲンを非常に多く含む貝です。
貝類に含まれているコラーゲンの量は、身がかたいほど多いといわれています。


コラーゲンはすべての臓器をささえる接着剤の役目をしており、人の体には欠かせません。
しわやたるみ予防などの美肌効果ばかりでなく、腰痛や肩こり、膝の痛みも改善してくれる優れものなのです。


肝機能の強化、視力回復効果のあるタウリン

あわびには、たくさんのタウリンが含まれています。
栄養ドリンクなどにも含まれている成分で、肝臓の機能を高めて元気はつらつとした状態にもどしてくれます。
また目の健康成分としても知られているタウリンを、貝類の中でも最も多く含有量している食材なのです。
細胞を正常な状態に修復し、維持する作用があります。



胃潰瘍の改善に有効なジメチルサルファイド

あわびは海藻をえさにしており、その肝にはたっぷりと濃縮された海藻の栄養素が含まれています。
中でもジメチルサルファイドという成分は、胃潰瘍の改善が期待されることで知られている栄養素で、その中に硫黄を含んでいます。
海などに行ったときに香ってくる独特な磯の香りの成分がジメチルサルファイドです。


精力増強作用、老化予防に効果的なアルギニン

あわびに含まれるアルギニンは、アンチエイジング効果や高血圧などの生活習慣病の予防、疲労回復や筋力の維持などに効果を発揮する栄養成分です。
トレーニングをしている人が、筋力アップを目的に摂取していることも少なくありません。
また成長ホルモンの分泌を促す成分なので、成長期などには積極的に取り入れていきたい栄養素です。


抗酸化作用、アンチエイジング効果のあるセレン

あわびに含まれるセレンという成分は、抗酸化作用があることで知られています。
老化を予防しアンチエイジングに効果が期待されます。
またセレンは、筋肉を維持する働きがあり体を柔軟に保つのに効果を発揮します。
ビタミンEといっしょに摂取することで抗酸化力がさらにアップしますので、合わせて摂りたい組み合わせの成分です。


鮑に含まれる葉酸と相性のいい食材は?

あわびに含まれている葉酸を効率よく吸収するには、
ずばりビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンCです。
一緒に取ることで、体内への吸収率がアップします。


ビタミンB6の多い食材

ビタミンB6の多い食材は、唐辛子、ニンニク、ピスタチオ、鶏ひき肉、豚肉レバー、リブロース、まぐろなどです。
《ビタミンB6はたんぱく質の代謝に不可欠です。不足するとアレルギー症状や目、鼻、口、耳の周囲に湿疹を起こします。》


ビタミンB12が多い食材

ビタミンB12が多い食材は、いくら、しじみ、ホタルイカ、鰹節、牛の肝臓、しゃこ、たらこなどです。
《葉酸と共に摂ると悪性貧血を防いでくれます。神経細胞内の核質やたんぱく質を合成、修復してくれます。》


ビタミンCが多い食材

ビタミンCが多い食材は、赤ピーマン、レモン、ジャガイモ、パセリ、イチゴなどです。
《コラーゲンの合成に必要です。鉄の吸収を高めてくれます。》


また、日本に古くから伝えられる合食禁はタコとアワビ。
消化器系に異常をきたすものだったらしいです。


あわびの旬や美味しい鮑を選ぶコツは?上手な保存方法もご紹介




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック