食材の旬の時期や栄養価・保存方法

とにかくすごいネバネバパワー!山芋のことを教えて!

皆さんは「山芋」と聞いてどんなことをイメージしますか?
「ネバネバ」「とろろ」「細長い」など人によってイメージは様々だと思いますが、栄養価や体にどのような影響があるのか?を知っている人は少ないと思います。
そこで今回は「山芋」についてご紹介します。
山芋のネバネバパワーはすごいです!
体にいい成分がたくさん詰まっているのでぜひ進んで食べましょう!



山芋の旬の時期は?

山芋は独特の粘りがある芋で一番美味しく食べられる旬の時期は「11月?1月」と言われています。
4〜5月にも収穫はされていて、こちらは「春掘り」といいます。
春に掘った長芋は旨味や成分が詰まっていて濃厚な味が特徴、秋に掘った長芋は新じゃがと言われ、皮が薄いため皮ごと食べられるということと、みずみずしさが特徴です。


山芋に含まれる栄養価やカロリーは?

山芋の栄養価

アミラーゼ/ジアスターゼ…たんぱく質や炭水化物などの栄養素の消化吸収を助ける。
アルギニン…血行促進、血管を丈夫にする。肌の保湿効果。
サポニン…血行促進、(強力な抗酸化作用)=血液サラサラ効果。
ビタミンB…疲労回復(夏バテ解消)
ビタミンC…抗酸化作用、免疫力の増強や体の酸化を防ぐ。
ビタミンK…血液凝固
カルシウム
鉄分…貧血予防
カリウム…利尿作用(余分な水分の排出)、むくみ改善(塩分の排出)
食物繊維…老廃物、毒素が体外に退出される事を助ける。老化防止、肌の若さを保つ(お肌を潤す働き)=アンチエイジングに役立つ。ダイエットの効果が出やすくなったり、太りにくい体質への改善も期待。
コリン…(血管を拡張させる)高血圧、動脈硬化の予防。


ネバネバ成分のもと「ムチン」は特に注目??

ムチン…不足するとドライアイや目の疲労が起こります。(目の違和感を感じた時に山芋を摂取することは改善・回復に効果あり。)
たんぱく質の吸収や消化機能を助ける。(滋養強壮)疲労回復。
胃や腸の粘膜を保護。胃腸機能回復、腸内環境を整える効果が期待=便秘解消(妊娠中の便秘にお悩みの方にもオススメ。)
血糖値、コレステロール値の上昇を抑える=生活習慣病の予防。高血圧の改善。
大腸ガン予防。肝機能、腎機能を高める。


本当にたくさんの栄養価があるので積極的に摂ることが重要ですね!


山芋のカロリーは?

カロリーは山芋100gあたり65kcal。
比較的少ない方だと思います。
(参考…ジャガイモ85kcal、サツマイモ130kcal)栄養価を考えると一番オススメな芋ということがいえるでしょう。



山芋の栄養素は体にどのような効能があるのでしょうか?

期待される効能や効果

・新陳代謝が活発になり血行促進、血管を丈夫にする
・強力な抗酸化作用=血液サラサラ効果
・コレステロール値を抑える働き
・体温、基礎代謝の向上
・肝臓の健康を促進
・脂質の酸化を防ぎ動脈硬化の予防
・免疫力向上
・疲労回復、滋養強壮(夏バテ解消)
・血液凝固
・貧血予防
・利尿作用(余分な水分の排出)、むくみ改善(塩分の排出)
・たんぱく質の吸収や消化機能を助ける
・胃や腸の粘膜を保護。胃腸機能回復
・便秘解消
・老化防止、肌の若さを保つ
・生活習慣病の予防

・高血圧の改善
・糖尿病の予防
・大腸ガン予防
・腎機能を高める
・インフルエンザ予防
・花粉症などアレルギー症状緩和にも効果が期待
・老人性の認知症を改善


山芋の栄養価を効率的に摂取できる調理法は?相性のいい食材は?

沢山の栄養価があり、その栄養を丸ごと摂取するには「生」で食べるのがオススメです!
消化酵素とムチンはどちらも熱に弱い物質なので、「生」で食べることで消化酵素の働きを十分に生かすことが出来ます。
つまり、サラダやとろろにして食べるのがベストといえるでしょう。
すりおろして食べるのが一番手軽で栄養を逃すことなく摂取できると思います。


さらに『山芋とお酢と納豆』を加えて食べることもオススメ!
お酢は疲労成分である乳酸が燃やされ、納豆でビタミンB1が取れ、山芋の消化力と滋養強壮を同時に摂ることで相乗効果により高い疲労回復効果が期待できます!
とくに食欲がおちる暑い季節にはオススメの食材ですね!


アンチエイジングを意識されている女性には、「麦とろご飯」にするとさらに効果倍増。
麦米は白米より栄養素も高くダイエットに向いていますので一石二鳥ですね!


美味しい山芋を選ぶ、目利きポイント!

新鮮な長芋を選ぶのに重要なポイント
一本のままの選び方
・あまり細いものよりは、持った時にずっしりと重みを感じるもの。
・太さが均一でまっすぐ伸びているもの。
・皮の色が人の肌色に近くツヤがあるもの。白いものは漂白の可能性があるので避ける。
・ヒゲ根は取れずに残っているもの。(なるべく元から少ない物の方がアクが少なくて良い。


表面に黒っぽいシミが出ている物や、傷があるものは避ける。


カットされている選び方
・切り口が白くみずみずしいもので、なるべく太いもの。
・切り口が変色している物は鮮度が悪い。


山芋には体を整える成分がたくさん含まれていることがわかりましたね。
とくに病後などの体力が落ちている時、更年期などの体調が不安定な時、夏バテ気味な時、妊娠中の時などに最適な食材です。
ダイエットや美容に興味がある方にもオススメ食材です。
手軽にスーパーで買うことができるので、積極的に日頃のメニューに加えてみてはいかがでしょうか?




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック


スポンサード リンク