食材の旬の時期や栄養価・保存方法

実はすごいぞ大根!栄養の宝庫だったんです!


冬はおでんがおいしい季節。
おでんの主役といえばやっぱり大根!と思われる方は多いのではないでしょうか?
味がよく染みておいしい大根、でも大根についてみなさんご存知でしょうか?
実は大根にはたくさんの栄養価が含まれ、健康面やダイエットにもとても効果があるんです!
健康・美容にとても効果が高い大根の栄養価やおいしい食べ方をご紹介していきます。



大根の旬の時期は?

大根は色々な種類があり一年を通して買うことができますが、その中でも一番多く出回っているのは「青首大根」です。
私たちに一番馴染みがある青首大根が美味しく食べられる旬の時期は11月から2月の冬の時期です。
寒い時期にとれる大根は水分が多く甘みがあってみずみずしいのが特徴で、春や夏の時期にとれる大根は辛味が強いというのが特徴です。



大根に含まれる栄養価やカロリーは?

大根には胃腸の働きを活性化するいくつもの酵素が含まれています。
・「ジアスターゼ(アミラーゼ)」(でんぷん分解酵素)胃腸を助け消化不良や胃もたれ、胸やけ防止などの効果が期待されています。
・「オキシターゼ」という酵素は発がん物質を解毒する作用があるといわれ、がん予防にも期待できます。
・大根の辛みのもとは「イソチオシアネート」という成分で、血栓を防ぐ効能、解毒作用、抗菌作用、がんを予防する効果があると言われています。血液をサラサラにする作用もあるそうです。この辛味成分が代謝をアップしダイエット効果もあります。


その他に食物繊維も含まれているため、腸の働きを刺激し便秘がちな人に効果が期待できます。


「二日酔いの胸やけにも効く」ということでお酒をよく飲む方に耳寄りな情報ですね!
「二日酔いで苦しい、食べ過ぎて辛い」という方は大根おろしを食べると胃の調子が解消します。


大根の葉っぱは軽視されがちですが「ビタミンC(アンチエイジング効果)、E、カロテン(むくみ防止)やカルシウム、食物繊維」が多く含まれていて、特にカルシウムはストレスや骨粗しょう症の予防になります。
こんなに沢山の栄養が詰まっているならこれからは捨てられませんね!


続いてカロリーについてです。
大根の白い部分は100gあたり18kclととても低カロリー。
栄養価も高くダイエットをしようと考えている方にはとても嬉しい食材と言えるでしょう。



大根を食べることで体にはどのような効能があるのでしょう?

期待される効能や効果

・腸の働きを整える
・血栓防止
・解毒作用
・がん予防
・高血圧予防
・消化促進
・胃もたれ
・心筋梗塞予防
・脳梗塞予防
・動脈硬化予防

カリウム」が多く含まれているのでナトリウムの排出を促進し高血圧や動脈硬化、脳梗塞などの予防が期待できます。


カルシウム」は骨や歯の形成に必要。


βカロテン」は葉っぱに多く含まれていて、がん予防や老化予防によいとされています。ニキビや吹き出物を治し、みずみずしい肌にする作用もあります。


アミラーゼ(ジアスターゼ)」は消化を促進して胸やけや胃酸過多、胃もたれ、二日酔いなどに効果があります。


ビタミンC」「ビタミンP」は皮の方により豊富に含まれています。
「ビタミンP」は毛細血管を強くするといわれ、脳卒中の予防に効果が期待できます。


色々な病気を予防できるなら毎日摂ることが望ましいですね。



だいこんはどんな食べ方がおすすめ?

 大根は部位によって味が変わりますのでその部位ごとにご紹介します。


・「根」はやや硬めで水分が少なく辛味がある(イソチオシアネート)ので「炒め物(きんぴら)」や「味噌汁」「マリネ」「和え物」にして食べるのが良いと思います。
辛いのが得意な方は「大根おろし」や「漬物」にしても美味しく食べられます。


・「中央部」ここは適度な硬さで甘みもあるので「煮物」や「おでん」が最適!出汁と大根の甘みが美味しさを際立たせてくれるでしょう。


・「上部」は甘みがあるので「サラダ」や「大根おろし」「漬物」「なます」に適しています。
大根の栄養を最も効果的にとれることができるのは「生で食べる」という事なので一番オススメな食べ方です。
特に「大根おろし」は皮をむかずに使うと皮の栄養も一緒にとれるのでオススメです。


・「葉」は漬物や炒め物、味噌汁に入れて食べると美味しく食べられます。「チャーハン」に入れると食感が楽しめます。


・「皮」を捨ててしまう方も多いと思いますが、薄切りにして「きんぴら」にすると美味しく食べられます。



美味しい大根を選ぶ、目利きポイント!

 ここまで大根の栄養について知れたので、さあ新鮮な大根をgetしましょう!そのための「目利き」のご紹介です。


・肌が白く、皮にハリとツヤがあり、持った時にずっしりと重みのあるもの。みずみずしく身の締まっているもの。
・葉付きの場合は葉っぱが青々としていて黄ばんでいない、活き活きとしているものが新鮮。
・ひげ根の穴は少なめで、あまりゆがみがなく均一に並んでいるのが良品。


葉が変色しているものや、葉の切り落とし部分が乾燥しているものは鮮度が落ちています。また葉の切り口に「ス(小さな穴のこと)」が入っているものは水分が少なく、大根の水分が少なくなります。


いかがだったでしょう?大根の魅力は?
動脈硬化、脳梗塞などの予防など健康面に効果が高く、すごくカロリーが低いのに栄養価が高い、ダイエットにも効果があるうれしい食材です。
新鮮でおいしい大根を摂って、健康で美しい体作りをしてください。




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック