食材の旬の時期や栄養価・保存方法

子供の天敵!でも栄養はすごいぞピーマン!!


皆さんは「ピーマン」と聞いてどんなことをイメージしますか?


「子供が食べない」「苦い」「脇役」などマイナスイメージがすぐに出てくるような…
少しかわいそうな立場のお野菜ですよね!


でも本当は、栄養価がたくさん詰まっていて体に与える影響がすごいんです!
そこで今回は「ピーマン」について詳しくご紹介します。



ピーマンの旬の時期は?

ピーマンは全国的に作られ、冬でもハウス栽培されていて安定して出荷されているせいか1年中スーパーで見かけますよね
ありがたいことではありますが。
でもちゃんと旬はあるんです。


そんなピーマンの一番美味しく食べられる旬の時期は6〜9月頃です。
その時期のピーマンがお値段も安くて美味しいです。



ピーマンに含まれる栄養価やカロリーは?

ピーマンの栄養価は?

クロロフィル(葉緑素)…コレステロールが血管に付くのを防ぎ、体の外に出すのを助ける働きがあります。他には、抗酸化作用(=活性酸素を抑える働き)がん予防、高血圧や動脈硬化の予防などがあります。
カプサイシン…新陳代謝を上げる
ピラジン(青臭さの元)…血液をサラサラ、動脈硬化の予防
・(熱に強い)ビタミンC…レモンと同じくらい含んでいて、メラニン色素を分解する働きがあります。細胞を丈夫にし、風邪予防やお肌のトラブルに効果的
ビタミンP…熱や酸化からビタミンCを守ってくれます。毛細血管の壁を丈夫にしてくれる=高血圧、動脈硬化など予防
ビタミンA…油で調理する事で吸収率がアップする。
カリウム…血圧の上昇を抑える効果
βカロテン…免疫力アップやがん予防

たくさんの病気の予防ができるので、積極的に食べることをお勧めします!


ピーマンのカロリーは?

ピーマン100gあたり22kcalと低カロリーです。
組み合わせる食材によりダイエットに最適なおかずを作る事が出来ます。



ピーマンに含まれる栄養は体にどんな効能があるの?

ピーマンを食べることで体にはどのような影響があるのかまとめました。
期待される効能や効果

・抗酸化作用(=活性酸素を抑える働き)
・がん予防
・高血圧、動脈硬化予防
・新陳代謝を上げる
・血液サラサラ
・カゼ予防
・お肌に潤い
・血圧の上昇を抑える
・免疫力アップ



ピーマンのおすすめ調理法と目利きポイント

ピーマン調理のポイントは?

ピーマンは熱を通すとピーマン特有のにおいが少なくなり、甘味が増すので、苦味が苦手な子供に食べさせるならじっくり加熱した料理がいいでしょう。


みじん切りにして他の野菜(玉ねぎや人参やトマト)と煮込んでミートソースにしたり、キーマカレーなどにするのがオススメ!


シャキッとした歯ざわりを残し苦味を味わいたい方は強火でさっと調理すれば風味が損なわれずおいしく食べられます。
チンジャオロースやピーマンの肉詰めがオススメ!


ビタミンCは加熱すると壊れやすい成分ですが、ピーマンは果肉が厚いため、熱に強いビタミンCが含まれています。
ですから油と合わせることでビタミンAの吸収を高めることができるのです!
これを知ったら積極的にピーマンを摂取したくなりますよね!



美味しいピーマンを選ぶ目利きポイント

色々な栄養価について学べたので、より美味しいピーマンを見つけるための「目利き」も知っておきましょう!
 新鮮なピーマンを選ぶのに重要なポイント
・色が均一で濃く、表面がみずみずしく艶があるもの
・軸の切り口がまだ新しいもの(茶色く変色したり干からびたりしているもの、皮にシワがあるものは鮮度が落ちているので避けましょう)
・持ったときにずっしりと重みを感じるもの、指で腹を挟んだときにしっかりと弾力があるもの=肉厚


【まとめ】
いかがでしたか?ピーマンは料理の主役になることは少ないけれど、栄養価も豊富で積極的に摂りたい野菜の1つだったことがわかってもらえたはず…
手軽にスーパーで買うことができるので、日頃の献立作りの参考に加えてみてはいかがでしょうか?




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック


スポンサード リンク