食材の旬の時期や栄養価・保存方法

良薬は口に苦し?ファイトケミカルがあなたを支える「セロリ」について知ろう!


みずみずしい色が爽やかな淡色野菜、セロリ。
その特徴と言えば香り。
セロリの香りや、苦みの部分には、精油成分が含まれており、気持ちを落ち着かせ、イライラを鎮めてくれる効果があります。

独特な苦みと香りが、苦手という方も多い、セロリ。
いったいどんな食材なんでしょう?



せろりの旬っていつ?

実はセロリは産地によって旬が変わる野菜なんです。

  • 夏〜秋……長野県
  • 冬〜春……静岡県

上記のように季節で産地が変わります。
春〜秋には、全国あちこちで生産されています。


このようなことから、セロリは一年中流通していることになります。
それでいつでもスーパーなどで見かけるんですね。


実質、セロリには旬がないと思って、間違いありません。


ご紹介した産地での生産が多いことから、セロリは涼しい気候を好むのだということが分かります。
もし、それでも旬のセロリが!と思われる場合は、セロリが好む気候である春、または秋のものを選ぶといいでしょう。
この時期の露地物なら、まず間違いはありません。


夏〜秋にかけての生産が多い長野県では、日本全国で生産されているセロリのおよそ4割を占める生産率なんです。
2位の静岡でも2割程度なので、長野はセロリの一大生産地と言えますね。


セロリの栄養価やカロリーは?体にいい効能はあるの?

セロリの栄養価や体にいい効果は?

冒頭でもお話しした通り、特有で独特な香りを持つセロリ。

その香りがあるのは、「アピオイル」という精油成分や、「アピイン」と言われる成分が多く含まれているからなんです。
アピインはポリフェノールの一種です、セロリの主成分となっています。


これらの成分が、イライラする気持ちを鎮めてくれれ、心を落ち着かせ、安定させてくれる働きがあるといわれています。
また、頭痛や生理不順の改善効果にも期待が高く、女性におすすめしたい野菜の一つです。


その他に注目したい成分が「カリウム
夏野菜の特徴によく出てくるこの「カリウム」は不足すると、筋肉が弱ってしまったり障害を起こしてしまう可能性も。
汗を多くかくシーズンにはカリウムが不足するせいで、足がつってしまうなどの現象も引き起こします。
カリウムを摂取していると、長時間の運動からくる、筋肉のけいれんを防ぐことが出来ますので、よく足がつる方なんかにもおすすめ。
体内に蓄積した塩分を、効率よく輩出する役割もありますので、高血圧の効果も期待大。



セロリのカロリーは?

カロリーは100gあたり、約15kcal。
その9割を水分で占めている低カロリーな食材なので、ダイエット中の方でも安心して食べることが出来ます。


老化防止や、抗酸化作用がある「ファイトケミカル」が含まれているので、健康にとても良い影響を与える食材とも言われています。


せろりの調理法・保存方法・選び方のポイント

セロリのおすすめ料理法

調理する際に注意してほしいのが、セロリは「茎」の部分より「葉」のほうにこそ栄養価が盛りだくさん。
出来るだけ葉をメインに食べるよう心がけましょう。


セロリは生で食べてもおいしいですし、ピクルスや、スープ、サラダなんかにも適している万能食材。
炒め物にしてもその風味が損なわれずおいしくいただけます。
いろいろな調理法があるので、飽きることなく食べることが出来るのも魅力ですね。
葉の部分は、食材の匂い消しの効果もあるので、ブーケガロニとして使うのもいいでしょう。


セロリ選びのポイント

セロリを選ぶ際は、とにかく「みずみずしいもの」を選ぶのがポイント。
鮮度が落ちてくると、黄色みがかってきますので、この辺りにも注目してみてください。


海外からの輸入物は、検疫の影響で葉っぱを落としてしまっています。
茎だけで売られているものは輸入物、葉もついているものが国産と考えればいいでしょう。


せろりを保存する時のポイント

セロリは水分が多い野菜なので、とても乾燥に弱い食材です。
生で食べたい場合は、保存を考えないで、すぐに調理することを心がけましょう。
細かく切って保存袋に入れておけば、冷凍保存も可能ですが、生の時の食感は損なわれますので、火を通して食べるのがベスト。


通常は買ってきたらすぐに、葉と茎を別々にし、保存袋に入れて冷蔵庫へ。
葉のほうが栄養が多いですが、当然茎にも栄養がたっぷりありますので、全部食べつくすつもりでいてくださいね!


■まとめ
どこをとっても非の打ちどころのない食材「セロリ」
やはりその香りと苦みが敬遠されがちですが、それだけで食べないのはもったいない食材です。
いろいろな調理方法がありますので、食べやすいメニューを探してみてくださいね!




(この記事を書いた人:櫻宮ヨウ)
こってこての関西人、典型的なB型・凝り性タイプ。小学生の息子と2人で、嵐を応援するミーハーオカン。家族の健康と自分のダイエットの為、日々食材について研究中!


野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック