食材の旬の時期や栄養価・保存方法

菌を味方につけろ!椎茸(シイタケ)の魅力に迫る!


秋の食材として人気の「椎茸(シイタケ)」
実は春にも食べごろがあるってご存知でしたか?


しいたけは主に日本や中国・韓国などで食用として栽培されています。
日本では精進料理に欠かせないといわれている「椎茸(しいたけ)」の魅力に、今回は迫ってみたいと思います!



椎茸(シイタケ)の旬っていつ?

秋の食材のイメージが強いしいたけですが、春にも旬があります。

  • 春 3〜5月
  • 秋 9〜11月

天然か、露地栽培のものは地域で、旬が変わります。
椎茸は、ほぼ無農薬で栽培され、そのおかげで風味を保つことができるようになっているんです。


そんなシイタケ、実はご家庭でも栽培できるんです。
ナラやクヌギで栽培されるようなのですが、どんな木でも栽培できるそうで、専用の栽培キットも販売されています。
お庭がある方は挑戦してみるのもアリですね!


うまみ成分が出汁に使えるので、数多くあるキノコの中で、一番知名度も人気も高いのが、しいたけです。
生シイタケと干しシイタケの2種類があり、どちらも違った特有の風味を持っていて、どちらも古くから長く愛されています。


椎茸の栄養価やカロリー、体への効能は?

とにかく食物繊維の多さが、しいたけの売りと言って過言ではありません。
しいたけには不溶性食物繊維が多く含まれていて、胃や腸の中の水分を吸収し、大きく膨らみます。
それが腸の働きを促し、動きを活発にしてくれるんです。
このおかげで、便秘の予防や改善にも絶大な効果があるとして、ダイエット食としても人気です。


カロリーも100gあたり18kcalなので、ダイエットの強い味方というのにも頷けます。


ちなみにこの不溶性食物繊維、ダイオキシンや水銀などの、体の中に蓄積する有害な物質を吸着してくれる性質があるんです。
吸着した不溶性食物繊維は、便として一緒に排出されます。


その他に気になる栄養分と言えば「レンチナン
この成分は椎茸に含まれる成分を精製すると出来る栄養分だそうです。
「レンチナン」とはすごい栄養分で、手術が出来ないステージの胃癌などの患者さんに、抗がん剤として用いられているそうです。



椎茸(シイタケ)の調理法・保存方法・選び方

美味しい椎茸調理法

先でもお話ししましたが、椎茸はその風味を生かすため、洗わずに調理しましょう。
汚れが気になる場合は、柔らかい布や紙などで、そっとふき取る程度で大丈夫です。


出汁としてあまりにも万能なので、それが一番の調理法なのかと思いがちな椎茸。
シイタケそのものには毒素はなく、新鮮なものであればそのまま生で食べることも可能です。
でもなかなか、生で食べておいしいと感じれるほど、新鮮なものは手に入りにくい。
なのでやはり加熱調理が良さそうですね。


バターソテーや、中華の炒め物などが、しいたけのうまみを引き出すのに良い調理法です。
調理する際は、しいたけの軸の部分もぜひ一緒に調理してください!
ここにうまみや栄養素がたっぷり入っているので、石づきの先端(固くなっている部分)のみ落として、あとは一緒に食べてしまいましょう。
炒めるときは、十分にフライパンを加熱してから投入し、あまり触らないのがおいしく仕上げるポイントです。

保存するときのポイント

保存方法は冷蔵保存がベスト。
水が出やすい食材ですので出来るだけ乾燥させることが重要です。
袋に入っているものはすべていったん取り出し、新聞紙やキッチンペーパーなどで包んで袋に入れてチルド室へ。
すると1か月近く風味を損なわず食べることが出来ます。


シイタケ選びのポイントは?

選び方は、笠が開ききっていないものを選ぶようにしましょう。
笠が開ききっているとすぐ傷んでしまうからです。
肉厚で、笠の内側にあるヒダが白く美しいものを選べば完ぺきです。


■まとめ
美容と健康に絶大な効果のある「椎茸」
少し癖があるので苦手な方も多いと思いますが、刻んでチャーハンに入れるなどすればいいかも?
天日干しすることで保存期間を長くしたり、骨を丈夫にするビタミンDが増幅するなど、使い勝手も幅の大変広いのも、しいたけの魅力ですね!



(この記事を書いた人:櫻宮ヨウ)
こってこての関西人、典型的なB型・凝り性タイプ。小学生の息子と2人で、嵐を応援するミーハーオカン。家族の健康と自分のダイエットの為、日々食材について研究中!


野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック