食材の旬の時期や栄養価・保存方法

夏を乗り切る強い味方、きゅうりについて教えます!


夏の野菜の定番「きゅうり
いつもスーパーで手に入るので、夏の野菜という感じはしませんか?
本体の95%が水分なので、体の熱を冷ましてくれる効果があるので、暑い季節に食べるのがおすすめ。
そんな「胡瓜」について、今回はご紹介してみましょう!



夏に積極的に摂りたい「きゅうり」

冒頭でもお話しした通り、「胡瓜」に含まれる多くの水分は、夏の暑い季節に体にこもってしまう熱を冷ましてくれる効果があります。
利尿作用や体の中の老廃物を排出してくれる効果を持っている「イソクエルシトリン」という成分を含んでいるので、むくみやすい体質の方にもおすすめです。


そんな夏にぴったりなお野菜なだけあって、旬の季節は当然「夏」!
いつでもスーパーなどで手に入るので、なんとなくピンときませんよね。
きゅうりの旬は、6月ごろからスタートし、残暑の残る9月ごろが旬と言われています。


やはり、旬の季節は大変価格も安くなり、主婦の強い味方となります。
逆に旬を外すとハウスものになってしまい、価格が高騰する傾向があります。


緑色だけど、緑黄色野菜じゃない

とにかくきゅうりと言って連想するのはその色。
濃いグリーン一色を身にまとっているのですが、実は緑黄色野菜ではないんです
なんだか以外ですよね。


そのせいかどうかはわかりませんが、きゅうりという野菜はとにかく「栄養」が少ない野菜と言われています。
ギネスでも「世界一栄養がない果実」の第1位として記録されているんです。


そんな風に気の毒な称号を頂いてしまっていますが、安心してください!
きゅうりにだってちゃんと栄養はあるんです。


キュウリの栄養とカロリーは?

  • βカロティン
  • カリウム

この2大要素が、きゅうりを語るには必須となる、栄養素です。
単色野菜でも「βカロテン」を含んでいることには驚きです。
「βカロチン」を言うとニンジンなどの緑黄色野菜を思い出しますよね。


きゅうりを語る上で注目したいのは「カリウム」
先ほどまでにお話ししている通り、カリウムがあることでむくみに大変効果的なんです。
それは体内に蓄積された塩分……ナトリウムを排泄する効果が大変高いからです。
おかげで、高血圧対策にも重宝されているそうです。
利尿作用もあるため、体の中の水分量を調節してくれて、むくみの解消に貢献してくれるというわけです。


薬膳料理などでも用いられているきゅうり。
身体に良い効果をもたらすので、取り入れられているんです。
それが冒頭でもご紹介した「体の熱を冷ます」効果です。
小さな赤ちゃんや、お年寄りの方は、体温調節が難しいので、暑い夏こそ積極的に摂取して、暑く火照った体を冷ましてあげてください。


カロリーは100gあたりで、およそ14kcal。
炭水化物量が3.0gで糖質もほとんどありません。
なので食事制限をされている人やダイエットをしている方にもおすすめです。



きゅうりってどんなふうに食べる?

きゅうりってあまり調理方法が無いと思われがち。
一般的にはサラダや、漬物として、食卓の脇を固める2軍選手と思われがち。


でも以外に、きゅうりって火を通して食べてもおいしんです。
ただし、あくの強いお野菜ですので、どんな調理法をする場合でも、下処理を怠らないようにしましょう。


きゅうりは両端の部分に強い苦み成分を持っています。
調理する際は、両端1pぐらいは切り捨てて、それ以外は皮ごと食べるのがポイント。


青臭さが強いので、苦手なお子さんなどが食べる場合は、板ずりを行ってから調理しましょう。
まな板の上に塩をまいて、その上できゅうりをごろごろと手で押さえて転がします。
こうすることで、色味を良いままにしておいたり、青臭さを取ることが出来るんです。


下処理したきゅうりを、豚肉やベーコンなどでシンプルに炒めたり、和風の味付けの煮物に入れてみたり。
冷めても、温かくてもおいしいきゅうりは、和洋中問わない、万能選手とも言えそうです。


おいしいキュウリの選び方

おいしいきゅうりを選ぶには、イボがしっかりしていてチクチクするぐらいのものを選びましょう。
形はこだわる必要はありません。真っ直ぐでなくても、味には大差はないんです。
大きすぎて育ってしまったきゅうりは、漬物にするのがお勧めです。


保存する際は、1本ずつ新聞紙でくるんでラップをし、野菜室で保存しましょう。
ただし、水分が大変多い野菜ですので、出来るだけ早く消費するようにしましょう。


冷蔵室の温度が低すぎると、その水分が凍ってしまうこともあるそうです。
凍っても大丈夫ですが、食感が悪くなる恐れがありますので、要注意。


■まとめ
世界一栄養がない果実……なんて言われていますが、そんなことありません。
なんといっても、女性が気になるむくみを解消してくれるのはとてもありがたいことです。


免疫力や抵抗力がさがると、女性やお子さんは膀胱炎にもなりがち。
そんな時にもカリウムが、大活躍してくれます!


生で食べてもよし、火を通してもよし。
食事にそっと彩りを添えてくれる、きゅうり。
縁の下の力持ちな「きゅうり」を食べて、暑い夏を乗りきりましょう!



(この記事を書いた人:櫻宮ヨウ)
こってこての関西人、典型的なB型・凝り性タイプ。小学生の息子と2人で、嵐を応援するミーハーオカン。家族の健康と自分のダイエットの為、日々食材について研究中!



野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック