食材の旬の時期や栄養価・保存方法

【ごぼうを長持ちさせる保存方法は?】


世界中を見渡しても食用としているのが珍しい「ごぼう」


シャキシャキとした食感と独特の風味が特徴で、日本人にはなじみのある食材ですね。
煮物や炊き込みごはんに加えると独特の風味がいい仕事をしてくれます!


そんなごぼうの上手な保存方法をご紹介していきます。



◆保存のカギは“土付き”

スーパーなどでは収穫したままの“土付きごぼう”ときれいに洗った“洗いごぼう”が売られています。


調理の手間を考えると洗いごぼうの方が楽ですが、保存の面から言うと土付きを買う方がおすすめ。
表面の土がごぼうの乾燥を防ぎ保存性を高めてくれます。


土付きを買ってきた場合も使う分だけ洗うようにすると鮮度を保つことができますよ。


裏ワザとして土付きごぼうをもう一度土に埋めておくと約1ヶ月保存できます。
家庭菜園の畑があるなど条件は限られますが、可能な方はぜひお試しください!



◆土付きゴボウは常温保存も可能

冬など室温が低い時期は常温での保存も可能です。


乾燥しないように土付きのまま新聞紙で包み風通しの良い冷暗所で根を下に向け立てて保存します。
室温などにもよりますが10日〜2週間程度は日持ちするでしょう。


ただし土を落としたゴボウは鮮度が落ちやすくなるので常温での保存に向きません。
洗ったら冷蔵庫で保存してくださいね。



◆冷蔵庫での保存方法や賞味期限は?


@丸ごと保存する場合

冷蔵庫で保存する場合は表面の土を洗い流しましょう。


その後保存しやすい長さに切りそろえ、ラップで包むか軽く湿らせた新聞紙で包みビニール袋に入れます。


切った牛蒡も出来る限り上下の向きを揃え根が下になるように立てて保存すると良いです。
冷蔵庫での保存の目安は1週間です。


A切ったごぼうを保存する場合

薄切りやささがきなどに切ったごぼうは変色しやすく傷みやすいため2〜3日が保存の限界と言えそうです。
空気に触れる面が多くなるほど傷みやすくなるため、千切りなどは当日か次の日には調理することをおすすめします。


切ったごぼうは水に浸けた状態で冷蔵庫に入れると変色を防ぐことができます。
できれば毎日水を取り替えるとより長持ちします。
しかし長期間つけておくと風味も栄養も落ちてしまうのでご注意ください。


ごぼうはきんぴらなどに調理しておくと常備菜として5日程度保存が効きます。
切った後にひと手間かけるだけで保存期間も伸びるのでおすすめです。



◆冷凍保存は出来るの?

ゴボウは冷凍保存もできます。


千切りやささがきにしたゴボウは10分程度水にさらしてアク抜きします。
キッチンペーパーで水分をしっかりと切ってからラップで小分けにするか、冷凍保存用の袋に入れて冷凍しましょう。


袋でまとめて冷凍する場合はなるべく薄く広げ、凍らせている途中に一度ほぐすとバラバラになり使い勝手が良くなります。

約1ヶ月は保存可能です。


使う時は凍ったままきんぴらにしたり豚汁に入れたりできます。


また炊き込みごはんの具としても使えるので常備していると便利です。


またきんぴらなどの料理にしてから冷凍することも可能です。
お弁当のおかずなどに活躍するでしょう。


2〜3本まとめて売られていることの多い牛蒡。
なかなか使い切るのが難しいので冷凍保存もうまく活用しながら最後まで美味しくいただきましょう。




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック


スポンサード リンク