食材の旬の時期や栄養価・保存方法

【大根を長持ちさせる保存方法は?】


生でよし、煮てよし、焼いてもよしの万能野菜「大根
比較的長持ちする野菜ですがより新鮮さを保つ方法を知って毎日の料理に役立てましょう!



◆立てて保存がベスト

野菜は畑で育つ姿と同じように保存するのが長持ちさせる秘訣です。


大根は土の中で縦に育っていくので冷蔵庫でも常温でも立てて保存するのがベスト!
カットした大根もなるべく上下を意識して保存しましょう。



◆常温保存は寒い季節のみ可能

大根は低温での保存に向いている野菜です。
そのため基本的には冷蔵庫の野菜室での保存が適していますが、冬場など気温が低くなる季節は室温での保存も可能です。


冷蔵庫に入れずに保存する時は丸ごとというのが大前提です。
葉は切り落とし新聞紙で包んで日の当たらない風通しの良い場所に立てておきましょう。


大根が乾燥しないように注意すれば2〜3週間保存可能です。


保存方法が悪いとダイコンの水分が抜けてしまい表面がシワシワになってきます。
軽度なら多少食感が悪い程度で食べられますが全体が柔らかくなっていたり異臭がする時はあきらめた方が良さそうです。



◆冷蔵庫での保存方法

だいこんは冷蔵庫の野菜室で保存します。
丸ごと入らない場合も多いと思いますが、カットするのは必要最低限にした方が長持ちします。


@丸ごと保存する場合

葉がついている場合は根元から2cm程度上で切ります。
そのままにしておくと栄養が取られてしまうので葉は切り落とすのが鉄則!


葉も炒め物などにして美味しく食べられますよ。
だいこんはラップで包むか湿らせた新聞紙で包み袋に入れてから冷蔵庫に入れましょう。
1週間〜10日程度は美味しく食べられます。



A使いかけを保存する場合

半分や1/3に切った大根は切り口から乾燥してくので全体をラップで覆い保存しましょう。
この場合の美味しく食べられる期間は4〜5日です。


サラダ用の千切りや刺身のツマなどにした場合は空気に触れる面が多く劣化が早いので変色や匂いの変化もすぐに起こってしまいます。
もって1日と考えなるべく早く食べるようにしましょう。


大根おろしはさらに保存に向きません。
時間が経つにつれ辛みも消えてしまうためおろしたてを食べるのがベストです。




◆冷凍保存は出来るのか?

大量にあり消費しきれないという場合は冷凍保存も可能です。


ただし食感や風味は生のものに比べると落ちてしまいます。
用途に合わせて切った状態で冷凍しておくと使う時に便利です。


冷凍したものは加熱調理が基本になるので味噌汁の具や煮物用などにしましょう。


それぞれの大きさに切りラップで包むか冷凍保存用の袋に入れて保存します。
使う時には凍ったまま調理します。


煮物にすると細胞が破壊されていて味が染みやすいという嬉しい効果もあります


冷凍保存の場合は1ヶ月を目安に食べきりましょう。


大根の長期保存方法として“干す”という方法もあります。
日本人は昔から切干大根やたくあんなどの漬物にして無駄にせず食べてきました。
生のままよりも旨みが増すと言われていて保存期間もぐんと伸びるので興味のある方はぜひ試してみてくださいね。




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック