食材の旬の時期や栄養価・保存方法

レタスを上手に保存して、長持ちさせよう!


サラダには欠かせない葉物野菜と言えばレタスです。
あの瑞々しさや、シャキッとした食感を、どのように保存すれば、長く維持することが出来るのでしょう?


レタスと言えばどうしても、日持ちの悪さがネックとなる、買うのを敬遠してしまう方も多いはず。
でもあのシャキシャキっとした生食の食感はレタスならでは。


うまく保存できる方法が分かれば、レタスをもっと食卓に挙げることも可能ですよね。
食物繊維が豊富で、美容と健康にも大切な栄養素がたっぷりのレタス。


上手に保存して、美しい体作りを目指しましょう!



レタスの上手な冷蔵保存方法は?

生食で食べることが出来るので、栄養分を余すことなく摂取できることが魅力のレタス。
まずは、冷蔵保存の方法についてみていきましょう。


レタスは大変水分が多い野菜なので、本来長期の保存には適していません。
鮮度が落ちやすいうえに、いったん鮮度が落ちると強い苦みが出てしまいます。


余分な水分が出始めると傷みやすくなるのに、何故かすぐ乾燥してしまう困ったさん。
なので冷蔵保存する場合は、元々の水気を十分に切ってから保存するように心がけましょう。


そしてビニル袋かラップで丁寧に包んで、乾燥を最小限に抑え冷蔵庫で保管します。
この時、レタスの芯に水を含ませておいたり、芯だけ抜き取って水にぬらしたキッチンペーパーを詰め込むという方法もあります。
どちらかと言えば、芯だけが濡れているという状態が長期保存のコツとなりますので、芯以外が濡れないのがベストです。


使う際一度に使い切らないのであれば、外側の葉から順に使用していきましょう。



ー追記ー

<レタスの芯につまようじ!?>

レタスの芯に爪楊枝を指すと冷蔵保存でずいぶん長持ちすることがわかりました。


やり方はというと、
レタスをひっくり返して芯に3本ほどの爪楊枝を指します。
深さはつまようじの上が2センチ出るくらいの、深めに刺すとよいでしょう。


刺したままでポリ袋に入れて保存します。
さらに、湿らせた新聞紙で包み、ポリ袋に入れるという方法もあります。


では、なぜ芯に爪楊枝を指すと長持ちするのでしょう?
葉物野菜の芯には「生長点」というものがあり、爪楊枝を刺すことによってその生長点が壊され成長を阻止されるため、数日後の葉っぱの鮮度が保たれるのです。


ようするに、野菜は収穫された後も育とうとするため、葉の栄養分を集めようとしますが、生長点を止めることで葉の栄養が流れなくなるというメカニズムだそうです。


注目の保存期間ですが、冷蔵庫で通常の2倍位は保存可能です。




レタスの上手な冷凍保存方法は?

水分が多い食材は冷凍保存に不向きというのは、結構有名な話です。
そんな中、これほどまでに水分量の多いレタスを冷凍で保存する方法があるんです。


冷凍の場合も、絶対注意したいのが『余分な水分』と『乾燥』です。
冷凍となるととくに『乾燥』だけは十分注意しないと、おいしさを著しく損なってしまいます。


レタスを冷凍保存する場合は、まず丁寧に水洗いし、しっかりと水けをきるようにしてください。
余分な水分を取り除いたレタスを、適当な大きさに手でちぎって、保存袋に入れて密閉すれば保存完了です。


レタスを冷凍保存することで、保存期間を延長することが出来ますが、解凍後の生食には向きません。
その代りと言ってはなんですが、炒め物やスープのような、レタスを加熱して食べる調理法には向いています。


冷凍するとレタスの繊維は崩れてしまうことが、生食に向かなくなる理由です。
どうしても解凍すると、レタス特有のシャキシャキ感がなくなってしまいますので、仕方ないですよね。


しかし、調理法を工夫すれば、レタス本来の味を楽しむこともできます。
またレタスを冷凍すると味の浸み込みが良くなりますので、スープには最適です。
しかも冷凍した状態のレタスを、スープにぱらぱらと放り込むだけでいいのですから、衛生的ですし時短にもつながります。


冷凍レタスをおいしく食べるには、冷凍したまま調理するのがコツと言えるでしょう。
くれぐれも余ったので再冷凍するなんてことはやめておきましょう。
再冷凍してしまうと、見た目も大変悪くなり、当然栄養素も著しく低下してしまいます。




レタスの冷蔵保存・冷凍保存、それぞれの賞味期限

葉物野菜の中でも、とくに鮮度が命!なのがレタスです。
そんなレタスを上手にきちんと保存できれば、いったいどれぐらい長持ちさせることが出来るのでしょう?


冷蔵保存の場合は、保存の仕方で賞味期限が大きく変動します。
先ほどご紹介した、レタスを丸ごと保存する方法の場合、およそ1週間程度は保存が可能です。
水気を嫌うので、冷蔵する時にラップではなく、新聞紙でくるむというのも、長持ちさせる秘訣です。


ただ、気を付けていただきたいのが、購入したらすぐに処理しなければどんどん傷んでいってしまう点です。
そして良い状態で出来るだけ保存期間を長くするためには、購入する時に良い状態のものを選ぶようにしましょう。


レタスを丸ごとではなく、ちぎって保存袋に入れて『冷蔵』保存する場合。


カットされている時点ですでに酸化が始まってしまっています。
なので、丸ごと保存と同じように綺麗に洗って、丁寧に水気を切りラップや新聞紙でくるんでから、保存袋などに入れて、冷蔵庫に保存しましょう。


ただ、酸化が始まってしまっているレタスの足は速いので、頑張っても1〜2日程度で消費してしまうようにしましょう。


さて、最後は冷凍保存をした場合の賞味期限です。


余り冷凍に向かないので、賞味期限もさほど長くないのかと思いきや……。
解凍しなければ2〜3週間程度保存が可能となっています。


冷凍することによって酸化が進まなくなり、傷みや変色が減るのには驚きです。
もしたくさんレタスをもらって、困った……!という時は、思い切って冷凍保存してしまうのもお勧めです。



■まとめ

レタスの保存方法についてご紹介しました。


くれぐれも注意したいのが、レタスに刃物を入れては絶対にいけないという点です。
刃物を入れた時点で、その部分から酸化が始まってしまいます。


なので小分けにする場合は、必ず手でちぎるようにしましょう。
これは、保存するしないに限らずレタスをおいしく食べる秘訣となりますので、覚えておいてくださいね!




この記事を書いた人:櫻宮ヨウ
こってこての関西人、典型的なB型・凝り性タイプ。小学生の息子と2人で、嵐を応援するミーハーオカン。家族の健康と自分のダイエットの為、日々食材について研究中!


野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック


スポンサード リンク