食材の旬の時期や栄養価・保存方法

【ねぎは「立てて保存」がおすすめ】


味噌汁や冷奴、鍋などさまざまな料理に欠かせない長ねぎ。


冷蔵庫に常備しているご家庭も多いのではないでしょうか。
まとめ買いをした時に役立つ上手な保存方法をご紹介します。



ねぎを保存するには「立てておく」のがベスト



野菜を保存する際ぜひ覚えておきたいのが「畑の状態と同じ姿勢にする」ということです。


人参やネギ、アスパラなど立って育つものは、保存の時も立てておくと余計なストレスがかからず長持ちすると言われています。
この時上下にも気を付けてくださいね。


玉ねぎやじゃがいもは土の中で育つので暗い場所を好むようです。
保存方法に困ったら畑の姿を想像してみると良いですね。


この法則に当てはめるとネギは土の中で縦に育つ野菜なので、1本まんま保存する時は新聞紙などで包み立てた状態で冷暗所に保存するのがベストです!


新聞で包む際は葉先をだけ出して空気を取り込めるようにしておいてくださいね。


冷蔵庫での保存方法

切ったものは冷蔵庫の野菜室で保存します。
ねぎを一本立てて入れられる冷蔵庫というのはなかなかないですよね。
そのため冷蔵庫に入れる場合は使いやすい長さに切ってから保存します。


まずは白い部分と青い部分に分けましょう。
根が付いているものは切り落とします。


その後お好きな長さに切り揃えたらラップで包むか、濡らした新聞紙で包んでからポリ袋などに入れ冷蔵庫に入れます。


ポイントは切ったものでも立てておくことと、乾燥させないことです。


刻んだ葱は保存容器に入れ冷蔵庫で保存可能ですが、時間が経つと香りも栄養も失われてしまうのでなるべく早めに使い切りましょう。



冷凍保存は出来るのか?



長ネギは小口切りやみじん切りにして冷凍保存が出来ます。


用途別に切り方を変えて、それぞれ小分けにしてラップで包む、小分けの保存容器に入れる、保存袋に平らに広げるのいずれかの方法で冷凍します。


保存袋のものは凍ったらバラバラにしておくと少量ずつ使えるので便利です。
料理に使う時には凍った状態のまま味噌汁などに入れられます。


解凍すると水分が出てべちゃっとした食感になるので生食にはあまり向きませんが、汁ものなど加熱料理には手間なく使えて忙しい時に助かります。


食べ切る目安の期間と見分け方

土付きで根がついた状態のねぎなら、冷暗所で1ヶ月程度は保存可能です。


さらに裏ワザとして土の中に埋めておくとさらに長持ちするようです。
冬に収穫したねぎを土の中で保存すると春まで持つと言われています。


冷蔵庫の場合は1〜2週間は保存できます。
ねぎの表面が乾燥してしまっても外側の1枚だけ剥くと中はまだ新鮮な状態のことが多いです。


刻んだものを冷凍した場合は1ヶ月を目安に使い切ると良いでしょう。


傷んでいるかどうかの判断ですが、腐ってくると変色したり溶けたような状態になってきます。


表面にヌメリが出てくるのも見分けるポイントです。
ねぎは独特のヌメリがある野菜ですが、本来のヌメリと傷んだものの違いは一目瞭然です。


さらに匂いも変化します。もし異臭がしたら食べるのをやめましょう。


捨ててしまいがちな長葱の青い部分ですが、煮込み料理の臭み消しやスープの材料として使えます。
冷凍も出来るのでぜひ捨てずに活用してみてくださいね。





野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック