食材の旬の時期や栄養価・保存方法

【冬の瓜なのに旬は夏!?冬瓜の不思議を解明】


淡白な味わいと柔らかな食感が特長の冬瓜。
汁物の具や煮物にして食べることが多い野菜ですが、あまり馴染みが無いという人も多いかもしれません。


でも、その歴史は古く平安時代から栽培されている野菜なんですよ。
ちょっと謎めいた冬瓜の旬や選び方についてまとめてみました。



冬瓜の旬とは?

とうがんを漢字で書くと「冬と瓜」ですが、旬は6〜9月と真逆の夏野菜の仲間です。


かなり不思議な名づけですよね…なぜ夏野菜なのに冬という漢字が付くのかというと、夏に収穫したものが冬まで保存できるからというのが理由のようです。


実際冷暗所で2〜3ヶ月は保存可能で、9月に獲ったものなら12月くらいまでは持つということで、「冬」まで持つ「瓜」で冬瓜というわけです。


なんだかややこしい名前ですが、一度聞けば忘れない面白い理由ですよね。


冬瓜の身は水分が多く、あっさりしているので夏にぴったりの野菜です。


美味しい冬瓜の見分け方

冬瓜は丸いものから楕円、円筒形のものまであり、品種によって大きさや形が異なりますが味わいはほぼ同じといえます。

全てに共通する選び方のポイントは、持った時にずっしりと重いことと表面に傷がないことです。


冬瓜は完熟すると表面がブルームと呼ばれる白い粉で覆われる品種があります。
全体がうぶ毛の状態のものは未熟な証拠なので避けましょう。


しかし、近年はブルームが付かない「琉球種」という品種が店頭に並ぶことが多いようです。
こちらは皮が緑色で表面はツヤがあります。
この品種の場合はなるべく緑色が濃いものを選ぶと良いでしょう。


冬瓜は非常に大きい野菜なので、カットした状態で売られることも多いです。
その場合は切り口が白く、瑞々しいものを選んでください。
種やワタの部分から傷み始めるので、そこをチェックすると鮮度が分かりやすいと思います。
スカスカしていたり変色しているものは避けてくださいね。



冬瓜の上手な保存方法

旬の項目で触れたように、トウガンは本来保存性の高い野菜です。
丸ごとの場合は風通しの良い涼しい場所に置いておけば、2〜3ヶ月は保存可能です。
気温に注意して保存しましょう。
しかしカットすると傷みやすくなるため、冷蔵や冷凍保存が必要です。


@冷蔵保存

カットしたものは種とワタを必ず取り除き、ラップなどで包んでから冷蔵庫に入れます。
3〜4日で使い切るようにしましょう。
使い切れない場合は冷凍保存がおすすめです。


A冷凍保存

とうがんを冷凍する場合は種とワタを取り皮をむいてから、用途に合わせた大きさに切り分けます。
冷凍用の保存袋などに入れ乾燥を防ぎ、1ヶ月を目処に使い切りましょう。
使う時は半解凍の状態で味噌汁に入れたり煮物にします。


品種によっては10kgを超えるくらい大きく育つ冬瓜。
カットされたものを買ってきても一度に使い切るのが難しい野菜なので、上手に保存して美味しく食べきれるようにしましょう。

今まで買ったことがないという方も、選び方を参考に一度手に取ってみてくださいね!




野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック


スポンサード リンク