食材の旬の時期や栄養価・保存方法

果物の女王様、高級フルーツメロンの栄養価について


果物の女王様、高級フルーツと言えばメロン!
実は植物学的に、スイカと同じウリ科に属している果物なんです。
しかもキュウリ属にも分類されているので、園芸の分野では「野菜」の仲間としても扱われています。


そんな高級フルーツ「メロン」の、栄養価や身体への効用・影響などについてご紹介してみましょう!



メロンの注目栄養価とその効能

メロンの注目栄養価として注目したいのが「カリウム


メロンに含まれるカリウムの量は、可食部100gあたり、約350mg。
この数値は、果物の中ではなかなかの含有量なんです。


カリウムの含有量がトップクラスと言われている、バナナと肩を並べる含有量を誇るメロン。


その注目すべき「カリウム」は、高血圧や動脈硬化などの予防効果に期待が寄せられています。


カリウムは、日々の食事の中で摂取しすぎた塩分(ナトリウム)を、体外に排出してくれる効果が高いからです。
なので、むくみ対策にも効果が高いので、美容的効果もあります。


カリウムは汗と一緒にすぐに体外に排出されてしまうため、保持するのが難しい栄養素なので、メロンを食べて積極的に体内に取り入れるようにしましょう!


体内からどんどん失われていくカリウム。
減少しすぎることで、夏バテになりやすくなるそうです。
また、甘いものやコーヒーなどのカフェイン、お酒などを多く摂取することでも、大きく減少してしまいますので要注意。


でも、お酒がお好きな方にも積極的に食べていただきたいのが、このカリウムの作用からくる効用。
実はカリウムには利尿作用が高い成分なので、お酒を飲みすぎた時や、二日酔いで辛い時に食べることで、体内から早くアルコールを排出することが出来ます。



メロンに含まれるその他の栄養価やカロリーは?

ウリ科でキュウリ属と言えば、「食物繊維」の豊富さは語らずにはいられません。


可食部100gとして、約0.6gという数字もカリウムに続きなかなかの含有量。
食物繊維ペクチンは整腸作用が高く、便秘の改善に効果的。


メロンの品種によっては、βカロテンの含有量が高いものもあります。
赤肉メロンなどがそれにあたります。
βカロテンには老化を予防する抗酸化作用や、がんの抑制効果にも効果が高いといわれています。


ちなみに、メロン特有の甘い香りにもがんへの抑制効果を促す「テルペン」という栄養素も含まれています。


カロリーは可食部100gあたり、およそ42kcal。
メロンと言えばとても甘いイメージがありますが、並み居る果物と比較してみると実は高すぎず低くすぎないカロリー量と言ったところ。


糖質のほうも100gでおよそ10gほど。
なので、少量であれば糖質制限されている方の、気分転換になる食品ともなってくれそうです。



メロンの栄養素(果物)の健康・美容効果

メロンの栄養価からみる体への影響を調べていくと、とにかくがんへの抑制効果が注目されています。
しかし、さすが果物の「女王」と謳われるだけあって、女性への体への働きもすごいんです。


食物繊維が豊富なので、整腸作用・利尿作用が高いことはお話ししましたね。
これらは、溜めこまない体つくりをすることに繋がり、美肌効果が大変期待できます。


さらにはビタミンCも豊富なので、皮膚や血管の老化を防いでくれて、免疫力を高める効果があります。
メロンを食べることで体の中から若返る、老化を防ぐ効果も高いというわけです。


免疫力が上がれば、風邪をひきにくくなりますし、慢性的な不調なども軽減できることでしょう。


しかも多少食べ過ぎても、体外への排出率が大変高いので、摂取過多の点で悩むこともありません。


カリウムでむくみ解消、食物繊維で腸内効果を高め、体内のリフレッシュ効果を促進し錆びない身体を弦靴事のできるメロン。
なんという美容効果の高い果物なんでしょう!


ダイエットを含めた、美しい体を作るための力強い味方となってくれそうですね!



メロンの栄養価とどんな食材(栄養素)との相性がいいのでしょう?

せっかく美容効果の高いメロンでさらにデトックスを!
そこで同様にカロテンを多く含む、ニンジンとの組み合わせがおすすめ。
スムージーや、シャーベットなどにして食べれば、甘みもアップしそう。


ウリ科キュウリ属ということを考えると、キュウリとの相性もなかなかのもの。
夏バテで食欲がなくなってしまった方にも、お勧め。
サラダとして細かく切って混ぜ合わせるだけなので、調理に火を使わず完成できます。
食物繊維やカリウムの相乗効果で、疲れた体を癒してくれるはず!


■まとめ


ダイエットにアンチエイジング効果の高いメロン。
ぜひ女性の方に積極的に食べていただきたいです。
甘い香りに魅了されて、美しい体を手に入れましょう!




(この記事を書いた人:櫻宮ヨウ)
こってこての関西人、典型的なB型・凝り性タイプ。小学生の息子と2人で、嵐を応援するミーハーオカン。家族の健康と自分のダイエットの為、日々食材について研究中!



野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック


スポンサード リンク