食材の旬の時期や栄養価・保存方法

そのルーツは中国から始まるってご存知でしたか?キウイフルーツの栄養価について


すっかり私たちの食卓で、馴染みのある果物となったキウイフルーツ。


キウイってなんとなく南国フルーツのイメージがありませんか?
確かに原産地はニュージーランドなどが圧倒的に多いのですが、実は生まれは中国の揚子江沿岸と言われているんです。



キウイの注目栄養価はこれ!


キウイの栄養素の中でダントツトップと言えばやはり「ビタミンC
100gに対して約70mg前後も含まれているそうです。


ちなみにビタミンCが豊富と言われているほかの果物と比較してみましょう。

  • イチゴ 62mg
  • レモン 50mg(果汁のみ)
  • グレープフルーツ 32mg

キウイは並み居る果物の中でも、王者アセロラや柿・ゆずに続くベスト5入りをするほどなんです。


そんな豊富なビタミンCは、どのような働きを私たちの身体に引き起こすのでしょう?

  • 抗酸化力が強いので、肌の老化を防げる
  • メラニン色素の抑制力が高く、分解もしてくれるので、シミの予防や改善に役立つ
  • 抗炎症作用が高いので、ニキビの予防や治療にも効果が
  • 皮脂の分泌を抑制するので、毛穴を目立たなくすることが出来る
  • 血流をよくする働きがあるため、疲労やだるさを軽減することが出来る
  • ストレスに対抗する臓器と言われている「副腎」の働きを助ける
  • 疲労回復を助ける働きを持つほかの食食材との相乗効果が高い

美容効果も高く、ストレスや、慢性的な疲労に悩まされている方には、積極的に摂取することをお勧めいたします。


キウイに含まれるその他の栄養価やカロリーは?


疲労回復効果に絶大な効果を持つキウイ。
その他の栄養素はどんなものがあるのでしょう?


食べると分かるそのみずみずしさ。
そこから見えてくるのは「食物繊維」と「ミネラル


続いて気になる栄養素は、体の中の活性酸素を減らしてくれる「ビタミンE
こちらもビタミンCに続く抗酸化作用の持ち主。


食欲不振や、消化不良を助けてくれる効果を持つ「アクチニジン」も注目したい栄養素。
「アクチニジン」には、たんぱく質を分解する酵素が含まれていますので、肉や魚に多く含まれるたんぱく質を分解してくれます。

キウイのカロリーは、100gあたり53kcal
糖度は平均で14〜15度言ったところ。


甘味が魅力の果物なので、カロリーや糖質が気になる方は、摂取しすぎに要注意。


ゴールデンキウイなどになると、さらに甘みが増すので、小さなお子様などにはこちらもおすすめです。


不思議なことに、さらに糖度が上がるゴールデンキウイは、血糖値を下げてくれる働きも。
がんの抑制効果も高いというから、気になります。



キウイの健康・美容効果は?

キウイの体への影響は大変多く、その効果の数には目を見張ります。

  • 風邪予防
  • 高血圧予防
  • 動脈硬化予防
  • 脳梗塞予防
  • 心筋梗塞予防
  • がん予防
  • 便秘改善
  • 美容効果

多く含まれている栄養価で、どのような効果があるかを見てみましょう。

筋肉を守る「ミネラル

ミネラルが不足すると、筋肉が弱ってしまいトラブルを引き起こす原因にもなりかねません。
ミネラルは塩分を排出する効果が高いので高血圧の予防や改善にも効果をもたらします。
また、筋肉のけいれんなども抑制してくれるので、足がつりやすい人にもおすすめ。


整腸作用だけじゃない「食物繊維

食物繊維は、ネギなどの野菜と肩を並べるほどの含有量。
整腸作用を高めてくれるので便秘の改善に効果的。
食物繊維はビタミンCとの相性が良いので、相乗効果で美容効果もUPします。


がんの抑制効果や治療に効果が期待されるのは「カリウム」などの栄養素

カリウムは高血圧や、動脈硬化の予防に期待が出来る栄養素です。
また、がんの要因と言える「変異原性(へんいげんせい)」を抑える効果があるので、がん予防への期待が高まっているようです。

風邪の予防に関していうと断然「ビタミンC

暑い季節の夏バテ対策にも期待が出来そうですね。


ホルモンバランスに働きかけるビタミンEも含まれていますので、PMSや更年期障害に悩まされている女性にもおすすめです。
美容だけでなく、女性らしくあるための機能への働きかけがあるなんて、素敵なフルーツと言えそうです。



栄養価を考える上でどんな食材(栄養素)との相性がいいのでしょう?


ビタミンCやビタミンE、カリウムに食物繊維。
含まれる栄養素の量や効果を考えると、スーパーフルーツと呼びたい程優秀なキウイ。
どのような食材や栄養素と相性が良いのでしょう?


キウイは熟していればいるほど、果肉に含まれているブドウ糖や、果糖がビタミンCに変化します。
なので、りんごと一緒に保存しておけば、追熟してくれるので、固いものを買ってしまった時にも役立ちます。


美肌効果を期待したいなら、パイナップルがおすすめ。


むくみを解消したい場合は柿やプラムと一緒に食べると、利尿作用がUPします。


舌苔が多くて気になっている方には、舌の上で少しの間キウイを転がしていると除去できるそうです。
なぜ舌苔が取れるのかというと、それがタンパク質を除去してくれる「アクチニジン」のおかげなんです!
舌苔は口臭トラブルの原因にもなりますので、ぜひ試してみてください!


そして現代人には見逃せない「ストレス解消」に一肌脱いでくれる組み合わせが「キウイ+いちご」
先にご紹介した通り、ビタミンCはストレスに対抗する副腎を守る働きを持っています。
そこで、ビタミンCが豊富な、キウイとイチゴがタッグを組めば怖いものなし!
もちろん、ビタミンCは豊富な果物はほかにもありますが、やはりそこは、摂取しやすいものがいいですよね!
スムージーにしたり、ヨーグルトと合わせて整腸作用を高めるのもありです。


■まとめ


とにかく女性はかかさず食べてほしい、キウイフルーツ。
1日2個で、慢性的な疲労や落ち込んだ気持ちも軽減させてくれる、スーパーフルーツです。
ストレス過多な現代に対抗すべく、ぜひ積極的に摂りいれてくださいね!


(この記事を書いた人:櫻宮ヨウ)
こってこての関西人、典型的なB型・凝り性タイプ。小学生の息子と2人で、嵐を応援するミーハーオカン。家族の健康と自分のダイエットの為、日々食材について研究中!


野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック


スポンサード リンク