食材の旬の時期や栄養価・保存方法

サクランボをおいしく食べたい!上手な保存方法と選び方をご紹介!


小さくて愛らしい「桜桃(さくらんぼ)」
ちょっとデリケートに見えますよね。


少量でってあまり買えない果物なので、上手に保存しておいしく食べたいものです。


今回はさくらんぼの鮮度を保つ保存方法をまとめてみました。



サクランボの保存方法


さくらんぼは大変足の速い果物で有名です。
購入したらすぐに冷蔵庫の野菜室に入れておくことをお勧めします。


それでも出来れば、購入したその日のうちに食べてしまいたいところなんです……。


それぐらい、サクランボの美味しさはすぐに失われてしまうんです。
保存期間が長時間になればなるほど、さくらんぼ特有の甘みが薄れていってしまうんです。


常温での最長保存期間は3日までと考えておきましょう。
もちろん、3日もたつころには風味や甘味が落ちているかもしれませんので、要注意。


サクランボの上手な冷蔵保存方法は?


風味や甘味が薄れてしまいますが、すぐ食べられない状況ならば、必ず冷蔵庫の野菜室で保管しましょう。


水分の蒸発からくる乾燥を避けるためにも、きちんとラップに包んで保存するようにしてください。
出来るだけおいしく食べてほしいので、冷蔵保存でも一晩ぐらいが目安と考えておきましょう。



さくらんぼの上手な冷凍保存方法は?


ここまででお気づきかもしれませんが、さくらんぼは温度が下がるとおいしさが損なわれてしまう果物なんです。
そうなると冷凍保存なんてもってのほか!!……なんて思いますよね。


でも下処理をきちんと行えば、冷凍保存は可能です。
ただし、さくらんぼそのままで冷凍保存はできないと考えておきましょう。


糖度を保ったままさくらんぼを冷凍するのがコツ。
小さめの保存容器に、さくらんぼとカルピスの原液を入れて密閉します。


保存容器に入れる前にさくらんぼをきれいに水洗いして、キッチンペーパーなどで水気をふき取っておきましょう。
これで糖度を保つことが可能です。


保存容器では一度に解凍されてしまうので困る……と言う場合は、保存容器を小さいものにするのも手ですが、昔ながらの製氷トレーに入れて保存するのもおすすめです。


なぜカルピスの原液かというと、解凍したいときに、さくらんぼとカルピスを分離させるのが、とても簡単だからです。
カルピスの原液は柔らかいまま、完全に固まることはないので、さくらんぼと別にできれば、用途も広がりますね!



サクランボの冷蔵保存・冷凍保存、それぞれの賞味期限(保存期限)


  • 常温の場合……2〜3日程度
  • 冷蔵の場合……2〜3日程度
  • 冷凍の場合……1〜2か月程度

美味しさを保つのであれば、保存はせずに購入したその日に食べきってしまいましょう。
常温でも冷凍でもとにかく、水分の蒸発を防ぐのがコツ。
常温の場合は新聞紙などにくるむ、冷凍の場合はラップで優しく包みましょう。


冷凍に関しては、さくらんぼのシャーベットのように楽しむことが出来ますので、上手に小分けして保存するのが、長く楽しむためのコツと言えそうです。



美味しいサクランボを選ぶ目利きポイント


おいしいさくらんぼを選ぶには、まずは色味に注目。
見るからに綺麗な色をしているものを選ぶようにしてください。


鮮やかな艶があり、紅色がきっちりと色づいているものが、おいしいサクランボです。


さくらんぼは、ほかで良く見受けられる「追熟」をしないタイプの果物です。
買ってきて、しばらく置いておけば熟すということはありませんので、全体的に赤くならず青みがあるものは、避けるようにしましょう。
あたったせいなどで、茶色に変色した部分があるものや、傷が多いものも避けるのがベストです。


さくらんぼの鮮度を見分けるポイントは、枝の部分。
枝が鮮やかな緑色で美しいものを選ぶと、鮮度の高いものが手に入ります。
この枝の部分は、鮮度が落ちるとてきめん見た目に変化が表れ、茶色くなってしまうんです。



■まとめ


さくらんぼの上手な保存方法や、選び方についてご紹介してみました。
やはり一番いいのは、買ってきたらその日のうちに食べる、これに尽きますね。
常温の果物が苦手な場合は、氷水などにさっとくぐらせてから食べるといいでしょう。


粒の大きさで価格が変わるさくらんぼ。
もし選ぶのに迷ったら、お手軽価格の中で出来るだけ粒の大きいものを選んでくださいね!



(この記事を書いた人:櫻宮ヨウ)
こってこての関西人、典型的なB型・凝り性タイプ。小学生の息子と2人で、嵐を応援するミーハーオカン。家族の健康と自分のダイエットの為、日々食材について研究中!


野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック


スポンサード リンク