食材の旬の時期や栄養価・保存方法


高価なフルーツの代名詞メロン。
美容効果や、健康面での体への良い影響が期待されているスーパーフルーツ。


そんなメロン。
せっかくならおいしく上手に保存しておきたいですよね。


メロンは追熟させることで、おいしくいただくことのできる果物です。
なので、うっかり保存方法を間違えると、美味しい時期を逃してしまいます。


見極めを誤ると、あっという間に腐ってしまうので、勿体ありません。
そんなことにならないよう、上手に美味しく保存する方法について、ご紹介してみましょう!



メロンの上手な冷蔵保存方法は?

注意したいのが、追熟する前のメロンは決して冷蔵庫での保存はしてはいけないという点。


メロンは追熟してこそ、その美味しさや甘味や香りを発揮します。
しかし、メロンの追熟は低温化では行われないんです。
それどころか冷蔵庫に入れてしまうと、メロンが傷むのを早めてしまうんです。
なので、メロンのお尻の部分を押してみて、弾力を少し感じられるようになるまでは、日の当たらない風邪通りの良い涼しい場所で保管してください。


追熟が完了したもの、カットして販売されているものを購入した場合は、速やかに冷蔵庫の野菜室へ。
種がある場合は、取ってからラップにくるんで保存容器・袋などに入れ乾燥を防ぐようにしておきます。


しかし、メロンをおいしくいただける期間は大変短いので、あまり長く保管しないようにしてください。
出来れば、食べる数時間前に、乾燥しないようにラップなどをして冷蔵庫に入れておくという形がベストでしょう。


冷蔵庫へ入れるタイミングを計るのが、大変難しいのがメロンのターニングポイント。
熟しすぎると、苦みが出てきてしまいます。
カビなども発生しやすくなりますので、気を付けるようにしてください。



完熟したかどうかの目安としてお尻の部分を押して確認する方法以外には、香りなどもポイントとなります。
あの特有の甘い香りではなく、別の異臭のようなものを感じたら危険信号。
カットしてないものの場合は、中身がどろどろになって液状化してしまっている可能性も。


追熟は2〜3日もかかりませんので、こまめに様子を見ながら、食べごろを見極めましょう!


万が一追熟する前にカットしてしまったり冷蔵庫に入れてしまった場合は、調理方法を工夫することで、おいしくいただくことが可能です。
追熟がどこで止まったかの度合いにもよりますが、あまりにも固い場合は、ピクルスにしてしまったり、煮込んでジャムにしてしまうのもいいでしょう。



メロンの上手な冷凍保存方法は?


食べやすいサイズにカットして、保存袋などに入れて冷凍するのも良いでしょう。
出来れば、1つ1つくっつかないようにしておくほうが、良い状態で保存することが出来ます。


冷凍保存することで、生食では味わえない食感や味わいを得ることが出来ます。


水分が多い果物なので、一度冷凍すると、解凍後にそのまま食べるのには向きません。
シャーベットやスムージーなどにして食べると、美味しいでしょう。



メロンの冷蔵保存・冷凍保存、それぞれの賞味期限


  • 冷蔵保存の場合:2〜3日
  • 冷凍保存の場合:1か月程度

先にご紹介した通り、必ず「追熟」が完了してから、乾燥を避けるよう注意して保存することをお勧めします。


細かくカットしてヨーグルトと混ぜて食べるのも良さそうですね。
また、ハチミツに1晩浸しておいて、コンポートのようにしてもオシャレで可愛いデザートに早変わり。
保存方法で、バリエーションが豊富になる点は、大人から子供まで楽しめるので、パーティーなどでも活躍してくれそうですね



■まとめ


大変足が速いので、保存に注意が必要なメロン。
タイミングを逃さなければ、とってもおいしく味わえますので、保存方法に十分注意しておいしくいただいてくださいね!




(この記事を書いた人:櫻宮ヨウ)
こってこての関西人、典型的なB型・凝り性タイプ。小学生の息子と2人で、嵐を応援するミーハーオカン。家族の健康と自分のダイエットの為、日々食材について研究中!



野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック