食材の旬の時期や栄養価・保存方法

冬の定番「みかん」の上手な保存方法について


日本原産の温州ミカン。
秋から冬にかけて旬を迎え、市場に多く出回ります。


冬になるとみかんを箱買いしている人も多く見かけますよね。
できれば一度にたくさん買いたいお気持ち、よ〜〜〜く分かります!


そこで今回は「温州ミカン」の上手な保存法について、レクチャーしてみましょう。




「みかん」の上手な冷蔵保存方法は?


果物と言えば冷やして食べたい派の人も多いはず。
ですが……実はみかんは冷蔵保存が向かない果物なんです。


みかんを冷蔵庫に入れてしまうと、低温障害を起こしてどんどん傷んでしまいます。
なので、みかんをおいしいまま保存するなら、冷蔵庫に入れず、涼しくて風通しの良い場所で常温保存をするのがベストです。
日が当たらない冷暗所なら、みかんが傷む可能性も低くなるので完ぺきです。


どうしても冷蔵庫で保管を……という場合は、乾燥を防ぐためビニル袋などに入れた状態で早めに食べてしまいましょう。


保存する温度は約3〜8度ぐらいであれば良いのですが、ご家庭ではなかなかこの温度をキープできる場所はありませんよね。

なので、風通しのいい場所という条件を優先するようにしてください。


<<関連>>


箱でミカンを購入したときは・・・


箱でみかんを大量に購入された場合は、届いたその日のうちに箱の上下をさかさまにして、底側の蓋をあけておきましょう。
これは届くまでの流通過程で、底のほうに入っているミカンが、徐々に負荷をかけられ続け、そのせいで傷みやすくなってしまっているからです。


また、箱で購入すると、傷んだものや腐ったものが入っているのは良くある事なので、速やかに取り除きましょう。
出来れば一度箱の中のミカンをすべてチェックするぐらいのほうが理想です。
ミカンのカビは、あっという間に箱の中で他のミカンに連鎖していきますので、カビには要注意です!



「みかん」の上手な冷凍保存方法は?


給食でよく出ていた冷凍ミカン。お好きですか?
最近は人気が再燃していて、コンビニなどでも見かけるようになりました。


理想的な冷凍保存の方法は、皮を剥いて1房ずつばらばらにし、保存袋などに入れて冷凍保存すればOKです。
しかし、先ほどお話しした「冷凍ミカン」はまた少し保存方法が違うんです。
違いは、房ごとに分けるか、まるまる1個になっているかです。


丸ごとの形の冷凍ミカンを作る方法

@みかんをきれいに洗い、キッチンペーパーなどで丁寧に水気をふき取りましょう。


A金属トレイなどの上に並べて、その上からラップをし冷凍庫へ!


金属バットに乗せるのは、冷凍保存を上手にするときのコツです。
熱伝導率が良くなって、効率よくスピーディーにフリージングすることが出来るからです。
お肉などもこの方法で冷凍保存するのがおすすめです。


B凍ったみかんをいったん取り出して、冷水にさっとくぐらせたら、再度金属バットの上に乗せ冷凍庫へ。
こうすることで、あの冷凍ミカン特有の氷の幕が表面に出来るというわけです。


これで完成ですので、冷凍用の保存袋などに入れて、後は普通に冷凍庫へ入れておけばOKです。



「みかん」の冷蔵保存・冷凍保存、それぞれの賞味期限


大量に購入することが多いみかん。
上手な保存方法についてご紹介してみましたが、それぞれおの賞味期限についても触れておきましょう。


常温保存の場合:2〜3週間程度
冷凍保存の場合:1〜2か月程度


みかんはデリケートな果物なので、箱で購入し保管している場合は、適せん箱の中をかき混ぜてあげたり、傷んでるものが無いかチェックして、早めに食べていくようにすれば、半月ぐらいは余裕で保管することが出来ます。


どうしても食べきれないときは、早めに冷凍にしてしまえば、冷たいデザートとして楽しめるようになります。
凍ったままミキサーにしてスムージーにするのもいいですね!


<<関連>>




(この記事を書いた人:櫻宮ヨウ)
こってこての関西人、典型的なB型・凝り性タイプ。小学生の息子と2人で、嵐を応援するミーハーオカン。家族の健康と自分のダイエットの為、日々食材について研究中!


野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック