食材の旬の時期や栄養価・保存方法

沢山のリンゴも、上手に保存すれば大丈夫!毎日食べてほしいリンゴの保存方法や旬について。

リンゴと言えば何を思い出しますか?
旧約聖書で描かれたアダムとイブが食べたリンゴ?それともニュートンの万有引力?
白雪姫がかじったのもリンゴでしたね。
これほど有名な食材があるでしょうか。


長きにわたって愛され続けている「リンゴ」
そんなリンゴの上手な保存方法についてご紹介してみましょう。



リンゴの上手な冷蔵保存方法は?

りんごの特徴に「保存性の高さ」があります。
なので、無理に冷蔵庫に入れる必要はありません。


りんごの旬の時期などの気温が低い時期なら、新聞紙などにくるんで常温保存しておくだけで、なんと1か月近く長持ちします。


ただし、おいしく食べるとなると1か月も保管するのは避けましょう。
実質1週間〜2週間程度が目安と考えてください。


暑い季節や、冬場でも暖房が常時効いているなどで室温が高い場合は、冷蔵保存にしましょう。


冷蔵庫に入れると乾燥が気になります。
せっかくのみずみずしさが損なわれてはいけませんので、ビニール袋などに入れ出来れば口を閉じた状態にして保管してください。


なぜ口を閉じてしまうかというと、他の野菜や果物への影響が大きいからなんです。


リンゴは、エチレンガスを放出する果物として有名です。
この「エチレンガス」は青いバナナを黄色くするのに効果的なガスです。


なので、近くにおいているとバナナの足が早まってしまいますので要注意。
逆に早くバナナを熟れさせて使いたい場合は、近くにおいてくのもいいですね。


ちなみに、じゃがいもの近くにおいておくと、「エチレンガス」のおかげで、芽が出にくくなるそうです。
これはぜひ覚えておきたいですね!


リンゴの上手な冷凍保存方法は?

先ほどの項目を見ていただければわかるとおり、常温、冷蔵でかなりの日数日持ちします。
なので基本的には冷凍保存をする必要はないと思われます。


どうしてもという場合でも、生のままでのリンゴの冷凍保存はできないと考えてください。
生のまま冷凍保存してしまうと、リンゴの食感や風味がすべて失われてしまいます。


離乳食などに使われる場合は、冷凍保存しておきたいですよね。


その場合は、生でもすりおろした状態や、小さく切って一度火を通した状態にしておくことがポイント。
保存ケースに入れて、きちんと密閉しておけば1か月ぐらいはなんとか保存できるでしょう。


ですが、あまり長期間の保存はお勧めできません。



リンゴの旬の時期は?

りんごは品種が多いため、それぞれに旬があり、「どのリンゴでもこの時期に!」と言う旬はありません。


また特別な冷蔵保存法である「CA貯蔵法」が多く取り入れられているので、収穫後から3か月ぐらい風味を損なわず保管できるんです。


そのため、収穫から市場に出回るまでにはかなりのブランクがあります。
常にスーパーなどでりんごを見かけるのはこのせいですね。


有名な品種の旬だと……

  • ふじ……10月ごろから1月ごろ
  • つがる……8月後半から9月の終わりごろ
  • 紅玉……8月後半から10月前半にかけて
  • ジョナゴールド……10月から1月にかけて

有名品種4つだけでもこんなにも差がありますね。
以外に暑い季節に旬を迎える品種もあることに驚かされます。


カリウムが豊富なりんごの栄養価やカロリー・主な種類や品種は?


美味しいリンゴを選ぶ、目利きポイント

美味しいリンゴを食べたい!
どんなふうに選べばいいかご紹介してみましょう。


なんでもそうですが、大きすぎるものは品種によってはあまりよくありません。
中玉クラスを選ぶのがいいでしょう。
そのほうが当たりはずれが少なく、日持ちが良くなります。
その代りずっしりとした重みがあるものを選ぶようにしてください。
重さあればあるほど、果汁がたくさん入ってると言えるでしょう。


見た目に関してだと、お尻のほうまでしっかり色づいて紅くなっているものが熟しています。
下のほうが不完全に緑色だと熟し加減が足りず、酸味が強くなってしまいます。


青リンゴを選ぶ場合は、全体的に色のムラがないものを選びましょう。


あとは、枝が干からびておらず、香りの強いものを選べば完ぺきです!



■まとめ


保管期間が長い上に、調理に手間がかからないのが魅力的なリンゴ。
段ボールなどでまとめて購入される方も多いですよね。


ちなみに、表面についてる油のようなぬるっとしたものは、ワックスや防カビ・防虫剤ではありません。
リンゴ本体から放出されている成分なんです。
拭くと表面がピカピカになるので、ワックスと勘違いされがちです。


上手に保存して、毎日リンゴをおいしく食べて健康になりましょう!


カリウムが豊富なりんごの栄養価やカロリー・主な種類や品種は?


(この記事を書いた人:櫻宮ヨウ)
こってこての関西人、典型的なB型・凝り性タイプ。小学生の息子と2人で、嵐を応援するミーハーオカン。家族の健康と自分のダイエットの為、日々食材について研究中!


野菜に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

野菜の旬の時期や上手な保存方法は?
>>こちらをチェック

魚に含まれる栄養価やカロリー・体にいい効能は?
>>こちらをチェック

魚の旬はいつ?上手な保存方法や良い魚を選ぶコツは?
>>こちらをチェック

果物に含まれる栄養価や健康・美容効果は?
>>こちらをチェック

果物の旬の時期や上手な保存方法・おいしい見分け方
>>こちらをチェック